2024年日本グランプリプログラム

5年F7シーズン第2024戦日本グランプリ(1月XNUMX~XNUMX日)のプログラムをご覧ください。

公開 05/04/2024 à 18:17

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

2024年日本グランプリプログラム

©DPPI

中東とオーストラリアに続いて、 1式 アジア太平洋に戻り、2024年シーズン第38戦日本GPのために鈴鹿サーキットへ向かう 第XNUMX回大会で春に開催されるグランプリは、伝統的に秋にイベントを開催してきた日本にとっては初の開催となる。 XNUMX月。 4月に前倒しするという選択 これは 2 つの理由で説明できます。1 つは、異なる国間の大規模な移動を減らすための暦の「地域化」ですが、もう 1 つは、大雨や台風が発生しやすいモンスーンの季節を避けるための天候です。

ドライバーに最も人気のある鈴鹿サーキットに関しては、今年は変更の予定はありません。このルートはカレンダー上でこのオリジナルの「8」の形をしている唯一のルートであり、時計回りと反時計回りに移動することを意味します。全長5,8キロメートルのこのトラックには、第18セクターの有名な「エセス」のほか、F15で難関となる「130R」と呼ばれるターン1を含む2024のターンがある。130年には、DRSゾーンはXNUMXつだけではなくなる。 、スタートフィニッシュストレート上、XNUMXR出口に検知ラインあり。

グリッド上では、 Valtteri Bottas (2019) フェルナンド·アロンソ (2006年、2008年富士)、 マックスVerstappen (2022、2023) および ルイス·ハミルトン (2007年富士、2014年、2015年、2017年、2018年)キャリアの中で日本グランプリで優勝した唯一の2人のドライバーです。後者は、日本GPリストで次点に次ぐXNUMX番目のドライバーでもある。 ミハエル·シューマッハ (6勝)、1年に樹立された30分983秒2019というレースラップ記録も保持している。

昨年、マックス・フェルスタッペンは、両者に先立って、ほとんど抵抗なく勝利しました。 マクラーレン 2年以上ぶりにダブル表彰台を獲得した。鈴鹿がいくつかの思い出に残るレース、そしてタイトルを賭けたいくつかの決定的なラウンドを経験してきたとしても、今年は4月の日本グランプリの進出により明らかにそうではありません。

F1 – 日本GP 2024 – プログラム

金曜日5 4月
無料トライアル 1 :4:30~5:30(カナル+スポーツ)
無料トライアル 2 :8:00~9:00(カナル+スポーツ)
土曜日6 4月
無料トライアル 3 :4:30~5:30(カナル+スポーツ)
国際資格 : 8:00 a.m. – 9:00 a.m. (Canal + Sport / Live Text AUTOhebdo)
日曜日7 4月
コー​​ス :午前7時(Canal + / Live Texte AUTOhebdo)

こちらもお読みください > ドライバーにとって鈴鹿サーキットはなぜ特別なのでしょうか?

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く