2025年のスプリントレースの主催者XNUMX名が明らかに

FIAは、2025年に計画されている2024つのスプリントレースを開催するグランプリの名称を発表した。 XNUMX 年からの変更点は XNUMX つだけです。

公開 11/07/2024 à 14:08

ジェレミー・サティス

0 コメントを見る)

2025年のスプリントレースの主催者XNUMX名が明らかに

2025 年の既知の XNUMX つのスプリント。 ©エリック・アロンソ/DPPI

2021 年にスプリントを導入して以来、ほぼすべてを毎年変更してきましたが、 1式 2024 年に向けて継続カードをプレイする必要があります。まあ、ほぼその通りです。フォーマットが変更されない場合、たとえ議論がシーズン後半に行われる必要があるとしても、2025年にXNUMXつのスプリントレースを開催する目的地は若干の変更を経験することになる。

2024年と同様に、シーズンの最初のスプリントは中国(21月23~2日)で行われ、その前にマイアミ(4月25~27日)で行われる。オーストリアのスプリントは今季の約束を守ってきたが、来年のスプリントの編成に関してはスピルバーグ監督の後任としてスパ・フランコルシャン(17月19〜7日)が出場することになる。最後に、最後の9試合は今シーズンと同様、オースティン(米国、28月30~XNUMX日)、サンパウロ(ブラジル、XNUMX月XNUMX~XNUMX日)、ロサイル(カタール、XNUMX月XNUMX~XNUMX日)で開催される。

スプリントレースは続く

「スプリントはF1にとって大成功であり、すべてのファンにトラック上でのより多くのアクションとレースをもたらしました」とステファノ・ドメニカリは喜ぶ。 私たちの視聴者データ、金曜日のファンの数、そしてプロモーターやパートナーからのデータがこれを証明しています。 75 年に創立 2025 周年を迎える準備を進める中で、私たちは常にその素晴らしい歴史を尊重し続けますが、常に前を向き、革新し、改善して、増え続ける多様なファンに最高のものをお届けする必要があります。」

念のために言っておきますが、F1カレンダー(スプリントを除く)は昨年24月に発行され、XNUMXのグランプリが予定されており、メルボルンでキックオフが行われました。メルボルンに中国、日本が続き、その後バーレーンとジェッダを連戦するため、ここでもラウンドの地域化が必要となった。 XNUMX月にマイアミを訪れるのが恒例となった後、パドックはXNUMX月からXNUMX月までヨーロッパシーズンに参加し、その後秋にはアメリカツアーに参加し、中東に戻ってシーズンを終えて周回を終えることになる。

こちらもお読みください > 2025年F1カレンダーが発表…メルボルンで開幕

ジェレミー・サティス

優れた F1 レポーターであり、プロモーション手法に情熱を注ぐ

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く