2025年のハースのドライバー、オリバー・ベアマン:「ジェッダがなければ、私がF1にサインするのは難しかっただろう」

F1での任期が正式に発表されてからわずか4時間後、ハースのおもてなしに参加して外出先で済ませた朝食の時間に、2025年にグリッドに並ぶ1人目のイギリス人ドライバーとなる男は観衆と2人のジャーナリストに驚かれた。将来のFXNUMXドライバーとしての彼の最初の言葉を聞くためにここに出席した。ジェッダでのパフォーマンスの重要性から、これまで失敗に終わったFXNUMXシーズンまで、英国人はXNUMX分にわたって語った。

公開 04/07/2024 à 16:35

ジェレミー・サティス

0 コメントを見る)

2025年のハースのドライバー、オリバー・ベアマン:「ジェッダがなければ、私がF1にサインするのは難しかっただろう」

小松彩生とオリー・ベアマン。 © ハース

オリー・ベアマン、2025 年の在任期間についていつ知りましたか?

日曜日に全てが決まりましたが、 レッドブル 指輪。それまでは何も確信が持てなかったので、 F1、契約書にサインしていない限り、何が起こってもおかしくありません。 F1 はすべてが常に進化する世界なので、あまり急いで祝うことはできません。それを知ったときは明らかに安心しました。イニシャルを書いただけなので、署名を撮影しておけばよかったです(笑顔)。その過程で、私は過去 11 年か 12 年の人生で払ってきた犠牲について考えました。両親にとっても嬉しいです。母は初日から私をサポートしてくれ、父が最初から欠場したレースの数は指で数えられるほどです。私たちは家族として、チームとして楽しんでいます。

サウジアラビアのフリーランスは契約締結においてどのような役割を果たしましたか?

星が輝く時代だとしましょう。

ジェレミー・サティス

優れた F1 レポーターであり、プロモーション手法に情熱を注ぐ

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 最大 -50% 割引!
  • 無制限のプレミアム記事
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • AUTOhebdo アプリで 2012 年以降のすべての号にアクセス
オートヘブド 2467

0 コメントを見る)