EL1でルーキーを走らせる義務があるチームはどこにあるのでしょうか?

シルバーストーンのEL1にはジャック・ドゥーハン、オリバー・ベアマン、フランコ・コラピントの出場が確認されているが、2024年にルーキーを少なくともXNUMX回のフリー走行セッションに参加させる義務を負うXNUMXチームはどこになるだろうか?

公開 03/07/2024 à 14:41

ドリアン・グランジェ

1 コメントを見る)

EL1でルーキーを走らせる義務があるチームはどこにあるのでしょうか?

© フローレント・グッデン / DPPI

2024年以降、各チームは若手ドライバーを金曜午前の少なくともXNUMX回のフリー走行セッション(XNUMX台につきXNUMX回)に参加させることが義務付けられている。 「若手ドライバー」とみなされるためには、ルーキーは世界選手権のレースにXNUMX回以上出場してはなりません。 F1 彼のキャリアの間に。

シルバーストンでは、1人のルーキーがイギリスGPのフリー走行XNUMXに参加する。オリバー・ベアマンと ハース、ジャック・ドゥーハンと Alpine – 2つのテストセッションの義務を既に遵守している唯一の2チーム – Isack Hadjarと レッドブル et フランコ・コラピントとウィリアムズ。アルゼンチン人選手はF1で初めての公式セッションに参加することになる。

F1 – 1年のEL2024に出場するルーキーたち

レッドブル – 1/2
1号車(マックスVerstappen):/
2号車(セルジオ・ペレス):イギリスのイザック・ハジャール
メルセデス - 0 / 2
1号車(ルイス·ハミルトン):/
2号車 (ジョージ・ラッセル): /
フェラーリ - 0 / 2
1号車(チャールズレクレック):/
2号車(カルロス·サインツ):/
マクラーレン - 0 / 2
1号車(ランドー・ノリス):/
2号車(オスカー・ピアストリ):/
アストンマーチン - 0 / 2
1号車(フェルナンド·アロンソ):/
2号車(ランス散歩):/
Alpine - 2 / 2 
1号車(エステバンオコン): カナダのジャック・ドゥーハン
2号車(Pierre Gasly):イギリスのジャック・ドゥーハン
ウィリアムズ - 1 / 2 
1号車(アレクサンダーアルボン):/
2号車(ローガンサージェント):フランコ・コラピント(イギリス)
レーシングブルズ – 1/2 
1号車(角田裕毅):/
2号車(ダニエル·リチャルド): 岩佐歩(日本)
ザウバー – 0/2
1号車(Valtteri Bottas):/
2号車(周冠宇):/
ハース – 3/2
1号車(ケビン・マグンセン): オリバー・ベアマン、エミリア・ロマーニャ州およびイギリス
2号車(ニコ・ヒルケンベルク): スペインのオリバー・ベアマン

こちらもお読みください > インフォグラフィック – オーストリアGP後の1年F2024チャンピオンシップの進化

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

1 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

F1 F1
こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

1 コメント

イヴ・アンリ・ランディエ

03 年 07 月 2024 日午前 07 時 21 分

「バジェットキャップ」は、希望者がF1を発見し、自分の歯を磨くことができるプライベートテストよりも優れていることは間違いなく、特に昇格した若手ドライバーの数が少ないことを考えると、これらの義務的なルーキーテストはちょっとしたでっち上げです。 F1へ!さあ、私は 2025 年に賭けています。ローソンはリディキュラス・ブルズ、ベアマンはハース、ドゥーハンは Alpine ハジャルはレッドブルのリザーブとして

1

レビューを書く