ピレリ、プレッシャーは高まっている

イタリアのメーカーとFIAは、バクーでの事故を受けてタイヤの運用を管理する手順を更新した。 

公開 17/06/2021 à 10:58

ジュリアン・ビリオット

0 コメントを見る)

ピレリ、プレッシャーは高まっている

タイヤサプライヤーが再び標的にされる / © DPPI

En 1式、一方の論争がもう一方の論争を追いかけます。 ウイングとその潜在的に問題のある柔軟性が依然としてアゼルバイジャンのパドックの小宇宙をかき乱していた一方で、今や照準を合わせているのはタイヤだ。

バクーで起きた壮絶な事故の論理的帰結。 ランス散歩 et マックスVerstappen 直線と非常に高速で左後部のラバーが突然収縮した後、壁に衝突してしまいました。 

ピレリ、FIA、関係チームが関与した調査の結果、 アストンマーチン et レッドブル、ミラノの会社は火曜日の夜、時には複雑なプレスリリースで結論を公表しました。 

したがって、ピレリは「 タイヤの使用条件に関係する可能性のある内側サイドウォールの周方向の亀裂 」。 トランスアルパインのメーカーは、各チームが各イベント前に送信された使用パラメータを尊重していたが、その影響は明らかであるとすぐに指摘した。

彼らはピレリが伝えた最低圧力を尊重しているが、一部のチームは競争目的で制限を無視したり、制限以下で操作したりすることでイタリアのメーカーの推奨を回避している疑いがある。 実際、圧力が高くなると抵抗は増加しますが、パフォーマンスはわずかに低下します。 

F1 ではいつものように、悪魔は細部に宿ります。 ピレリが要求する圧力レベルは開始時に理解されます。 車が動いているとき、これらのしきい値は尊重されますか? それを制御することさえ可能ですか?  

したがって、私たちはフレキシブルフィンをめぐる最近の物語で経験した状況と非常によく似た状況に陥っていることに気づきます。 すべてのマシンは静止状態でFIAによって義務付けられたさまざまな負荷テストを満たしていましたが、一部のマシンは速度の影響で動きすぎる空力付属物として当局の照準を合わせていました。 

  • 新しい技術指令 

ピレリが提出した報告書と同時に、FIAシングルシーター選手権のテクニカルマネージャー、ニコラス・トンバジス氏は月曜、タイヤの操作を監督する手順を更新した超詳細な技術指令を各チームに配布した。 

今後、使用後のタイヤについて抜き打ち検査が行われることになる。 連邦検査のために選ばれたガムは、まず周囲の空気中に放置され、日光から保護されて温度が下がり、冷えた状態で検査されます。 FIA はまた、タイヤを加熱ブランケットに戻した後に測定を実行する権利を留保します。 

どちらの場合も、チームがゴムを再膨張させることは当然不可能であり、これらのタイヤが今後使用されないことを示すためにバルブにシールが貼られることになる。 

この技術指令はさらに、グランプリまたは予選レース中に使用されるすべてのタイヤ、および各ドライバーが参加した予選の最終段階 (Q1、Q2、または Q3) でベストアテンプト中に使用したセットが、これらの新しいテストの対象となります。 

規制当局は、タイヤの空気圧に加えて、加熱ブランケットの温度が設定値を超えないようにする必要があります。 トンバジスは、ピレリの推奨よりも高い温度はF24.4スポーツレギュレーションの第1条(a)に違反するため、会議コミッショナーに報告され、その後勧告されることになると指摘した。 

FIAの代表者は予選とレース中にガレージに立ち会い、主にクルマに装着されるタイヤの温度をチェックする。 

この技術指令は最後に、カバー内のゴムの加熱は特定のスロットで行う必要があり、問題のタイヤが次のセッションで使用される予定がない場合は必要ないことを注意喚起しています。 

バクーに続いて取られたもう一つの措置は、フランスGPでのリアタイヤの最低空気圧の2psiの引き上げである。 

レッドブルとアストンマーティンでは、ピレリの説明とそれに伴う連邦政府の指示をほとんど評価しておらず、この一連の行為は彼らの誠実さを問うものであると解釈していた。 両チームはまた、報告書の発表と同じ内容のコミュニケーションを共有し、両チームに過失はなかったと強調した。 

今週のカステレット(ヴァール)でプレッシャーが解消されるかどうかは興味深いところだろう…  

ジュリアン・ビリオット

オートヘブド副編集長。 羽根が胆汁に浸かった。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く