カナダでの成績を原動力に、リカルドはRBでの延長に「値する」ことを望んでいる

カナダでのポイント獲得に話を戻すと、ダニエル・リカルドは自分の現在のレベルに関する一部の批判を沈黙させた。オーストラリア人選手は現在、レッドブル一族の信頼(そして拡大)を得るために時間をかけて確認したいと考えている。

公開 20/06/2024 à 18:19

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

カナダでの成績を原動力に、リカルドはRBでの延長に「値する」ことを望んでいる

©エリック・アロンソ/DPPI

良いことをするポイント、たくさんの良いこと ダニエル·リチャルド。カナダでは、オーストラリア人はスターティンググリッドで5位を獲得し、グランプリのフィニッシュではチームメイトを8度破りXNUMX位を獲得するという素晴らしい成績を収めた。 角田裕毅。成績不振で批判を浴びていた時期の素晴らしいパフォーマンス:特にジャック・ヴィルヌーヴは、ヴィルヌーヴの存在感を疑問視し、彼に対して非常に悪意を持っていた。 1式.

パース出身の彼は、コース上で可能な限り最善の方法で反応した。 9回のグランプリを経て、ダニエル・リカルドはようやく自分の調子を取り戻したと感じている シングルシーター. 「結果は常に役に立ちます。感触は悪くなかった。 (…) カナダでは金曜日の練習から僕らは先頭に立って、週末を通してその調子が続いた。こんな週末を過ごしたのは久しぶりだ。高音で始まり、高音で終わることができてよかったです。 »

リカルドはレッドブルファミリーに残りたいと考えている

34歳のドライバーは、すべての結果が重要となる彼の将来にとって重要な段階に入っている。角田裕毅がカナダGPの傍らで2025年に出場することが確認されたとしても、彼の将来のチームメイトの正体は謎のままだ。レーシング・ブルズの経営陣がオーストラリア人との継続を望むのであれば、 ヘルムート・マルコの最近の発言 彼はその分野の弟子たちと直接競争することになる レッドブル (リアム・ローソン、岩佐歩、アイザック・ハジャール)。

現在、ドライバーズチャンピオンシップで12ポイントの9位(角田裕毅より10ポイント少ない)のダニエル・リカルドは、残留のチャンスを得たいのであれば、次のミーティングでもプレーレベルを維持する必要がある。オーストラリア人選手は、自分が結果を出さなければならないことを認識しており、2025年に出場権を獲得したいと語った。

こちらもお読みください > ニューウェイがアストンマーティンに移籍?アロンソは噂を否定 

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)