ロズベルグが日本GPでポールポジションを獲得

ニコ・ロズベルグは日本GPでチームメイトのルイス・ハミルトンを破り、ダニール・クビアトのクラッシュによる赤旗の恩恵を受けてポールポジションを獲得した。

公開 26/09/2015 à 09:15

デュピュイ

0 コメントを見る)

ロズベルグが日本GPでポールポジションを獲得

ニコ·ロズベルグ (メルセデス)は、事故後に表示された赤旗を利用して、鈴鹿での日本GP予選で今季XNUMX度目のポールポジションを獲得した ダニエル・クヴァット (レッドブル)。このロシア人はヘアピンの入り口で激しくコースアウトした。 RB11が受けた重大なダメージにより、 スタンドから、しかしパイロットは大丈夫です。

ニコ・ロズベルグはチームメイトと一緒に先発出場する ルイス·ハミルトン 彼は最初のフライングラップを逃し、タイムを伸ばすことができませんでした。 Valtteri Bottas (ウィリアムズ)と セバスチャン·ベッテル (フェラーリ)前からXNUMX列目を形成します フェリペマッサ (ウィリアムズ)そして キミライコネン (フェラーリ)。 ダニエル·リチャルド (レッドブル)はXNUMX位先行 ロメイングロジアン (ロータス)。 セルジオ・ペレス (フォース・インディア)とダニール・クビアトが暫定トップ10グリッドを獲得した。

ニコ・ヒルケンベルク (フォース・インディア)は、最終セッションの出場権を最後に獲得したロマン・グロージャン(ロータス)に3番手遅れでQXNUMXのゲートで敗退した。ドイツ人選手は次の順位をXNUMXつ下げることになる 彼のシンガポールに対する罰則、前で終わった カルロス·サインツ Jr (トロロッソ)と マルドナド牧師 (ロータス)。 フェルナンド·アロンソ (マクラーレン)14位前に失敗した マックスVerstappen 電気系トラブルに見舞われQ2に出場できなかったトロロッソ。オランダ人はついに XNUMX位ペナルティ グリッド上で。

ジェンソンボタン (マクラーレンは)チームメイトにコンマ1秒遅れでQXNUMX敗退となった最初のドライバーとなる フェルナンド·アロンソ。 2009年の世界チャンピオンにはXNUMX回目のセッションへの出場権を得るチャンスがあったが、マックス・フェルスタッペンがコース上でストップしたため、ドライバーたちの調子は上がらなかった。

日本GPは27月7日午前XNUMX時(フランス時間)から始まり、AUTOhebdo.frでライブ中継される。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く