走行周回数、タイム…数字で見るF1 2024冬季テスト

1年のF2024冬季テストで最も多くのドライブをしたのは誰?ベストタイムを出したのは誰?どのチームがトラック上で最も熱心でしたか?この XNUMX 日間のプレシーズン テストの統計をご覧ください。

公開 24/02/2024 à 17:32

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

走行周回数、タイム…数字で見るF1 2024冬季テスト

©エリック・アロンソ/DPPI

2024 年の冬季テスト 1式 が完成しました! 29チームと2人のドライバーは、サクヒール・サーキットでのこのXNUMX日間の走行を利用して、バーレーンGP(XNUMX月XNUMX日~XNUMX月XNUMX日)に向けてシーズン開幕前に新馬を試し、セッティングを調整した。

この 3 日間のテストでは、 フェラーリ 1'29''921の絶対ベストタイムを記録したのは、 カルロス·サインツ 木曜日。スペイン人選手はC4タイヤでタイムを記録した。念のために言っておきますが、来週末のグランプリでは C1 (ハード)、C2 (ミディアム)、C3 (ソフト) タイヤのみが公認されます。最後に見つけたのは、 Alpine フランスチームがバーレーンにタイヤを持ち込むことを選択しなかったという単純な理由で、テスト中にC4とC5タイヤを使用しなかった。

走りに関しては厩舎 ハース 同じエンジンを使用するフェラーリとフェラーリは、それぞれ 441 周と 416 周を完了し、コース上で最も熱心に走りました。一方で、 ウィリアムズ 英国チームは水曜日の初日に信頼性の問題に見舞われ、299周を完了したコース上で最も存在感のないチームとなった。 239周を経過した時点で、 ケビン・マグンセン は、今週最も多くのキロメートルを走行したドライバーです。デンマーク人は、バーレーン グランプリ 4,19 周分に相当する距離を 57 日間で走行しました (2024 年バーレーン GP では XNUMX 周)。

ベストタイム(チーム)

1) フェラーリ: 1'29''921 (サインツ、C4 タイヤ)
2) メルセデス :1'30''322(ラッセル、C4タイヤ)
3) ザウバー:1'30''647(、C4タイヤ)
4) レッドブル :1'30''679(ペレス、C3タイヤ)
5) RB: 1’30”775 (角田、C4タイヤ)
6) ウィリアムズ: 1'30''984 (アルボン、C4タイヤ)
7) マクラーレン : 1'31''030 (ピアストリ、C3タイヤ)
8) アストンマーチン : 1'31''159 (アロンゾ、C3タイヤ)
9) ハース:1’31”686 (ヒュルケンベルグ、C3タイヤ)
10) Alpine : 1'32''061 (オーコン、C3タイヤ)

周回数 (チーム)

1) ハース: 441 周
2) フェラーリ: 416
3) レッドブル: 391
4 例)アストンマーティン:379
4 例)キックザウバー:379
6)BR:367
7) メルセデス: 361
8) Alpine :007
9) マクラーレン: 328
10) ウィリアムズ: 299

走行周回数(ドライバー)

1) マグヌッセン: 239 周
2) サインツ:224
3) リッチョルド :007
4) フェルスタッペン :007
5) ヒュルケンベルグ: 202
6) 散歩 :007
7 例)オコン:193
7例) ボタ :007
9) ルクレール:192
10) ラッセル: 189
11) 周:186
12) アロンソ:183
13) ペレス: 182
14) ピアストリ:181
15) ハミルトン :007
16) アルボン:161
17)角田:157
18) ノリス :007
19) 気の利いた :007
20) 軍曹 :007

走行周回数(エンジン)

1) メルセデス: 1367 周 (チームあたりの平均: 342 周)
2) フェラーリ: 1236 (チームあたりの平均: 412)
3) Red Bull パワートレイン: 758 (チームあたりの平均: 379)
4) ルノー :007

こちらもお読みください > 冬季テスト – 3日目: ルクレールがテスト最終日にベストタイムを記録

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く