角田、コマツ、ホンダ、岩佐…日本の力強いF1復帰

前回の訪問からわずか 1 か月後に FXNUMX が鈴鹿に戻ってくる中、パドックを構成する成功した日本人のおかげで、スポーツの舞台における日本の地位は高まり続けています。

公開 04/04/2024 à 08:21

ジェレミー・サティス

0 コメントを見る)

角田、コマツ、ホンダ、岩佐…日本の力強いF1復帰

小松、角田、岩佐…鈴鹿で活躍する日本。 © DPPI写真

日本は歴史の中で常に特別な位置を占めてきました。 1式。鈴鹿サーキットと富士サーキットは特に、他の国が誇ることのできない14のパイロットタイトルの戴冠の舞台となった。アイルトン・セナ、 アラン·プロスト, ミハエル·シューマッハ, セバスチャン·ベッテル さらに最近で マックスVerstappen、この分野の有名人のほとんどは、日本での成功したシーズンを飾るために、少なくとも一度はシャンパンを開けています。

しかし、日本のF25の歴史に残る1人のドライバーの中で、ドライバーズ世界選手権で佐藤琢磨の8位以上の成績を残した日本人はいないため、日本でも他の場所でもタイトルを獲得した日本人はいない。それにもかかわらず、日出ずる国はここ数カ月で競争が激化しているようだ。ホルダーe

ジェレミー・サティス

優れた F1 レポーターであり、プロモーション手法に情熱を注ぐ

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 無制限のプレミアムアイテム
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • 2012 年以降の AUTOhebdo の全号が利用可能
COUV-2433

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く