ポルシェ スプリント チャレンジ フランスのリーダーがヴァル ド ヴィエンヌでつまずく!

ポルシェ スプリント チャレンジ フランスのカテゴリーの最前線にいたドライバーたちは、ヴァル ド ヴィエンヌでつまずき、チャンピオンシップで後続を引き戻させました。

公開 06/07/2024 à 14:57

書き込み

0 コメントを見る)

ポルシェ スプリント チャレンジ フランスのリーダーがヴァル ド ヴィエンヌでつまずく!

©アレクシス・グーレ

リモージュとポワティエの間に位置するこのサーキットでは天候が変わりやすいため、ヴァル・ド・ヴィエンヌに行くときドライバーは常に天候について自問します。今年は、2つのレースの間に土砂降りが降っただけで、徐々に乾いていくコース上でドライバーがタイヤの選択に迷うほどの完璧なコンディションだった。

しかし、最初にトラックに上がったスポーツ カップ シリーズ予選通過者たちのイベントの始まりに戻りましょう。 718つのポールポジションを獲得したヨハン・ルースラン(CGモータースポーツ)は、4ケイマンGT7 RSクラブスポーツの指示の中で、ルーカス・グリンチ(グリンチ・レーシング)を降格させて以来、対戦相手がまだ自由にできない「何か」を理解しているようだった。第3レースではコンマ718秒台、第4レースではエマニュエル・オルジェバル(グリンチ・レーシング)がコンマ4秒台だった。 XNUMX GTXNUMX Clubsport勢の中でXNUMX倍速かったファビアン・ブーシュ(レンプ・レーシング)はXNUMX秒以上も後退した。

カップシリーズでは、ヤン・ディドリ(ドライビング&パフォーマンス/DBG)がクレマン・ロウル(アンセル・モーターズ)をわずかに上回っていたため、予選はさらに競争が激しくなった。 ポルシェ ロリアン) わずか 5 分の 992 の差です。 3回の991 GT991カップ優勝に続いて、イヴ・ゴダール(ドライビング&パフォーマンス)がXNUMX番手タイムをマークしてXNUMXフェーズIIマシンの中で最速となり、XNUMXフェーズI側のマルク・ボイトー(BPSレーシング)がXNUMX番グリッドで優勝した。ルイ・ペローです(IMSA パフォーマンス)は、シルヴァン・ノエル(レーシング・テクノロジー)に先んじて第991レースでポールポジションを獲得し、イブ・ゴダールは991フェーズIのXNUMX回目のタイムで再びXNUMXフェーズIIの最速タイムを記録しました。

ポールポジションを獲得したヨハン・ルースランは、スポーツ カップ シリーズの最初のレースでリードを奪い、もう追いつくことはできませんでした。一方、表彰台の残り718枠を巡っては、ステファン・ブレマール(レーシングテクノロジー)、ルーカス・グリンシュ、ジャン=シャルル・カルミナティ(リビエラ・モータースポーツ)という、定期的にポジションを交換してこの順でフィニッシュする4人のドライバーの間で激しい争いが繰り広げられた。マルゴー・ヴェルザ (CG モータースポーツ) が XNUMX 位でフィニッシュし、最高の進歩はベルナール・コインヌ (タンソー・レーシング) の功績であり、XNUMX 番手からスタートして XNUMX 位でフィニッシュし、ファビアン・ブーシュが XNUMX GTXNUMX グループを楽々と制して予選ベストタイムを確認した。

スポーツカップシリーズの第718レースは、4周目でエマニュエル・オルゲバルが単独で横滑りし、レールに接触するまでは同様にクリアな展開が予想された。彼はゆっくりとピットに戻ることができたが、この事故によりコース清掃のためセーフティカーがコースインすることになった。レースが再開されると、ヨハン・ルースランは振動のためパンクを恐れてピットに駆け込んだ。そうではなかったが、彼はターンを失い、勝利のチャンスを失った。優勝はフレデリック・ペリアット(レーシング・テクノロジー)、続いてステファン・ジラルド(CGモータースポーツ)、ヴァンサン・ヴェーヴル(レーシング・テクノロジー)となり、XNUMX GTXNUMXではジュリアン・ナス(レンプ・レーシング)が優勝した。

カップシリーズの最初のレースでは、選手たちは4周も走らないうちにクレマン・ロウルのミスによりセーフティカーが出動し、ブイッソンコーナーでヤン・ディドリがグラベルトラップに巻き込まれ、両ドライバーともリタイアを余儀なくされた。レースが再開されると、ビクター・ブルージョン(AMB)のプレッシャーを受けてオリビエ・バハリアン(レーシング・テクノロジー)が先頭に立ったが、ブルージョンは991周目にパスすることができたが、991周後に追いつかれ、優勝者からわずか14秒遅れでフィニッシュした。第三に、フランソワ・ショタール(ショタール・チーム)は、レースを通してこの決闘を特権的に観察していた。 XNUMX位、ピエール・ムレール(RSR)がXNUMXフェーズIIで優勝し、マルク・ボイティオがXNUMXフェーズIで確保されたカテゴリーで論理的に優勝した。テスト中の技術的問題により最後尾スタートとなったアレクサンドル・ラッセ(MRS)がカムバックのXNUMXつを果たし、現在に至っている。 XNUMX人の選手を抜き去りXNUMX位でフィニッシュした。

カップシリーズ第991レースのスタートは豪雨で濡れた路面で行われ、選手たちは最後の991秒までタイヤの選択を迷った。最終的に全員がレインタイヤを選択したが、XNUMX周目終了時点でルイ・ペローがピットイン。乾いた路面でスリックタイヤを履くという賭けに出るのかと思いきや、実際はパンクに見舞われ、ピットに戻るしかなかった。たとえプロトン内でうまくカムバックしたとしても、彼の勝利の可能性はなくなった。先頭ではシルヴァン・ノエルがフランソワ・ショタールを抑えてリードを保ったが、XNUMX人の後ろではマルコ・ジェラルドゥッツィ(レーシング&パフォーマンス/DBG)とヴィクトル・ブルージョンが狂ったように楽しんでおり、順位を何度か入れ替えながらこの順位でゴールした。再び最下位スタートとなったアレクサンドル・ラッセは、再び素晴らしいカムバックを見せてグループXNUMXフェーズIIで優勝し、XNUMXフェーズIで再び優勝したマルク・ボイティオを上回るXNUMX位でフィニッシュした。

ポルシェ スプリント チャレンジ フランスのドライバーたちは、19 年シーズン前半最後のミーティングのため、20 月 2024 日と XNUMX 日にディジョンに戻ります。

ポルシェ スプリント チャレンジ フランス – スポーツ カップ シリーズ – レース 1

ポルシェ スプリント チャレンジ フランス – スポーツ カップ シリーズ – レース 2

ポルシェ スプリント チャレンジ フランス – カップ シリーズ – レース 1

ポルシェ スプリント チャレンジ フランス – カップ シリーズ – レース 2

0 コメントを見る)