GTツアー – モロッコ、2016年暫定カレンダー

フランスのFFSAプロトおよびGTチャンピオンシップは2016年にXNUMXつのイベントで争われ、その目玉としてモロッコが登場します。

公開 16/10/2015 à 17:17

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

GTツアー – モロッコ、2016年暫定カレンダー

GTツアー2016年版 競合他社向けのいくつかの主要な新機能が含まれます。 の到着に加えて、 LM P3カテゴリー、そしてその結果としてフランスプロトチャンピオンシップが創設されたことにより、次のシーズンのカレンダーも同様の驚きをもたらすでしょう。 最初は明らかに、 モロッコ (6月8日~XNUMX日)、GT とプロトス専用のイベント。 このラウンドは、すでにWTCCが開催されているマラケシュの都市部トラックで争われる。

シーズンはに始まります ジェールのノガロ、27年の空白を経て復帰することになります。 イースターカップは2016月XNUMX日からメジャー選手権に戻ることになり、ブランパンGTシリーズはXNUMX年にポール・アルマニャックのサーキットには行かない。

モロッコでの逃走の後、レドノン(ガール県)が3月5日から8日まで第10回大会の舞台となり、その後2016月XNUMX日からXNUMX日までマニクール(ニエーヴル県)に戻り、ヴァル・ド・ヴィエンヌの代わりに開催される。 XNUMX年にはほとんど存在しませんでした。 ルマン (サルト)は、フランス国外での9回目のイベントの前に、11月XNUMX日からXNUMX日までの学年度の初めに訪問されます。このイベントは、フランスのルートで開催されます。イタリアのイモラ (30月2日~XNUMX月XNUMX日)。

決勝戦は伝統的にXNUMX月の最後の週末にヴァールのポール・リカールで開催される。 「私たちは、人気があり有名なサーキットを使用して、バランスの取れた高品質のプログラムを実現しました。 このカレンダーは他のヨーロッパ選手権と相性が良く、これはチームの希望の一つでした。 » GT ツアーのプロモーターであるオレカ社の社長、ユーグ・ド・ショーナックはこう認めます。

チャンピオンシップでは日程の衝突があってはならない 他の主要なヨーロッパ選手権と連携して、チームがいくつかのテーブル、特に LM P3 プロトタイプを取得したテーブルで進歩できるようにします。

GTツアー2016暫定カレンダー:

26月27日、28日、XNUMX日:ノガロ
6月7日、8日、XNUMX日:マラケシュ(モロッコ) / GTとプロトスのみ
3月4日、5日、XNUMX日: レドノン
8月9日、10日、XNUMX日: マニクール
9月10日、11日、XNUMX日:ル・マン-ブガッティ
30月1日、2月XNUMX日、XNUMX日:イモラ(イタリア)
28月29、30、XNUMX日:ポール・リカール・サーキット

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く