バレンシア、レース 1 – CTF コンチネンタル レーシングがフラメンコを踊る

スペイン大会の第1レースではグレゴリー・ファルジェ、フランソワ・クー、アルノー・マリー(CTFコンチネンタル・レーシング)が優勝した。

公開 08/06/2024 à 18:38

ドミニク・ドリコ

0 コメントを見る)

バレンシア、レース 1 – CTF コンチネンタル レーシングがフラメンコを踊る

© ステファン・アゼマール

タイトル保持者(エマニュエル・オルジュヴァル、アドリアン・ハラン、ブノワ・グリュオー)とスターティンググリッド1列目の隣人(グレゴリー・ファルジエ、フランソワ・クーエ、アルノー・メール)の間で待望された一騎打ちは今週土曜日、リカルド・トルモでは行われなかった。バレンシア(スペイン)のサーキット。

4時間に及ぶ会議の第1部が終了した時点で ラメラカップ、 CTF コンチネンタル レーシング チームのラメラ 80 が見事優勝し、ロート ルクレールの 1 台は 12 位で終了しました。

「残念、うまくいきました」、2つのリレーの間にエマニュエル・オルジュヴァルを後悔した。 「35分間のレースの後、約XNUMX秒のリードがありました。残念ながら、私たちは戻らなければなりませんでした。水温計が危険なほど上昇していました。分析すると、この危険な状況を引き起こしたのはベルトの破損でした。メカニックは素晴らしい仕事をしてくれましたが、修理にはXNUMX周かかりました。その瞬間から、表彰台に上がる望みはすべて失われたと悟りました。」

ラウジッツリンクではすでに非常に活気に満ちていた80人は、それほど多くを求めていませんでした。ファルジェ、クーエ、メールがこの大会で目覚ましいペースを築き、幸運にも近くの地中海から吹く新鮮な風により、クルーたちは比較的耐えられる気温の中で活動することができた。勝者に関しては、トミー・ローリンジャー、ヴァンサン・ピケ、ジル・ブルックナー、ルイ=マリー・ルベが共有する15台が最後まで脅威であり続けることを認識し、決して努力を緩めることはなかった。

6年のプロ/アマ部門での71位という好成績と勝利に注目してください(マキシム・ギニャール、フレデリック・デルピット、ジェラール・カプスージアン、ディディエ・デュメーヌ)。 GT4チャンピオンシップイベントに出場することに慣れているディディエ・デュメーヌを歓迎する良い方法だ。

紳士部門では47名(グレゴワール・クルイエ、ニコラ・バイエラー、ジュリアン・ブロス)が一般部門13位で復帰した。

しかし、この4時間レースはイベント全体の半分にも満たない。今週の日曜日、競技者たちはXNUMX時間の競技に挑みます。多くの人にとって、それは復讐の印の下に置かれるでしょう。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く