バレンシア、レース 2 – CTF コンチネンタル レーシングが再び勝利を収める

スペインの地で勝利した翌日のロングレースでも勝利を収めたファルジェ、クーエ、マリーにとっては完璧な週末となった。

公開 09/06/2024 à 19:26

ドミニク・ドリコ

0 コメントを見る)

バレンシア、レース 2 – CTF コンチネンタル レーシングが再び勝利を収める

バレンシアのCTFコンチネンタル・レーシング・クランの喜び。写真ラメラカップ

土曜日の80時間レースですでに驚くほど快適な走りを見せていたラメラ9(CTFコンチネンタル・レーシング)のクルーを構成するトリオは、今週日曜日の30時間の長さのイベントでも優勝した。しかし今回は、オルゲヴァル、ハラン、グリュアウがシェアする現チャンピオンのマシンに立ち向かわなければなりませんでした。今朝38,492時3分からノンストップで争われたレースの終盤、ライバルたちの差は「わずか」1秒だった。 XNUMX位にはダーヌ、ギニャール、コイン組のラメラ(フランス・スカニア)が優勝者からXNUMX周遅れでフィニッシュした。

プロ/アマ部門では、ラメラカップの心境を反映したカルテットの嬉しい勝利。エリック・カイロルと娘のサラ、ダニエル・ユベールと息子のレオがマシン(CTF Xeni Trans)を総合6位に押し上げた。分類。エリックとサラにとっては、昨年夏のノガロ以来の勝利でもある。

紳士部門もCTFチームの車両が出場した。土曜日にすでに優勝しているエリック、ケビン・レノアとアントニオ・クリスティーノが今週日曜日も優勝し、その結果総合順位で11位という好成績を収めた。

ラメラカップの次回大会: 13月14日とXNUMX日にカステレットトラックで開催されます。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く