NASCAR、1360馬力の電動プロトタイプを発表

シカゴの街頭で争われた NASCAR イベントの傍らで、アメリカ選手権は、最大 100 kW、つまり 1000 馬力を開発できる 1360% 電気プロトタイプのベールを脱ぎました。

公開 07/07/2024 à 10:44

マイケル・デュフォレスト

0 コメントを見る)

NASCAR、1360馬力の電動プロトタイプを発表

©NASCARメディア

La ナスカー は、自動車電化分野のリーダーであり、自動車の長年にわたるパートナーであるABBと提携しました。 式E、フロントに78つ、リアに1000つ、計1360つの別々のエンジンを搭載した新しいプロトタイプを作成するために。これら XNUMX つのモーターと XNUMX kWh の水冷バッテリーを組み合わせると、四輪駆動プロトタイプでは最大 XNUMX kW、つまり XNUMX 馬力の最大出力を発揮できます。

NASCAR Cup Next Gen ベース (2022 年から現在サーキットで使用されている最新世代) に基づいて設計されたこのプロトタイプは、NASCAR 研究開発施設で開発されました。この車が世界選手権に出場して以来、これらの工場から生まれた特別なプロジェクトはこれが初めてではありません。 24時間のルマン 「Garage 2023」プログラムの一環としての56年もこれに由来しています。 NASCAR に関連する XNUMX つのメーカー、シボレー、フォード、 トヨタ、このプロトタイプの開発にも貢献しました。

「NASCAR Impact」の創設者

近い将来、このタイプの電動NASCARレースが開催される予定がないとしても、それは2035年までに望まれるこのスポーツの完全な脱炭素化に向けた第一歩となる。このようにしてアメリカ選手権は「NASCARインパクト」を設立した。今後 11 年間で炭素ゼロを目指すシンクタンクおよび行動グループ。

« INASCAR Impact の最初のパートナーを発表するのに、ここシカゴでの ABB NASCAR EV プロトタイプのデビューよりも良い時期はありません。」とNASCAR副社長兼インパクトプログラムディレクターのエリック・ナイキスト氏は語った。 « ABB は業界のリーダーであり、今後 10 年間の事業排出量ネットゼロの達成を目指し、事業の脱炭素化の取り組みに貢献していきます。 »

この電動プロトタイプは、NASCAR カップ シリーズの次のラウンドまたは 2025 年シーズン中にパレード ラップを実行することになると考えられますが、このモデルはすでにトラックで広範囲にテストされており、実際に実用的なベースとして機能します。米国でナンバー 8 のモータースポーツの名声を確立した V1 からは遠く離れた未来になる可能性があります…

こちらもお読みください > 非常に経済的なナッシュビルでジョーイ・ロガーノが勝利!

©NASCARメディア

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く