PCCF – スパ・フランコルシャン:ギレッティが震えることなく勝利

ポールポジションからスタートしたアレッサンドロ・ギレッティ(シューマッハCLRT)は、スパ・フランコルシャンでの週末の第1レースで勝利を収め、アドバンテージを変えた。

公開 22/06/2024 à 20:21

アレクサンドル・エルバン

0 コメントを見る)

PCCF – スパ・フランコルシャン:ギレッティが震えることなく勝利

アレッサンドロ・ギレッティは完璧な週末を続けています。 ©アレクシス・グーレ。

  • そして4!インペリアルは今週土曜日の予選で、アレッサンドロ・ギレッティがレース1でそのスタイルを確認した。素晴らしいスタート、ドライバー シューマッハー CLRTはその後、今季5戦中4度目の勝利を収めた。ジュニア ポルシェ モータースポーツ 2024 は、これまで以上にチャンピオンシップのリーダーです。
  • スタート時、アレッサンドロ・ギレッティがベンジャミン・パケ(TFTレーシング)に先んじてレースのコントロールを保っていた場合、ジョーダン・ボアソン(TFTレーシング)とルイ・ペロー(CLRTシューマッハ)の接触でシムレーサーは横転した。後者は不運にもジャン・フィリップ・ガンバロ(シューマッハCLRT)に接触し、リタイアを余儀なくされた。
  • 前ではベンジャミン・パケがディラン・ペ​​レイラに抵抗する中、首位が飛び去った。最終シケインの開始時点でルクセンブルクがベルギーを上回った。プロトンではマルク・ギヨ(ABM)がミスをしてグラベルトラップにはまってしまいました。 2023年のプロアマ副チャンピオンはレース運営側にセーフティカーの導入を強いられたが、リスタートすることができた。
  • アレッサンドロ・ギレッティは問題なくリスタートを管理し、2024年も優勝した。ディラン・ペ​​レイラ(マルティネット・バイ・アルメラス)がベンジャミン・パケ(TFTレーシング)を抑えて2024位となった。後者はXNUMX年にトニー・ペレイラのチームに初表彰台をもたらした。
  • ジュニアPCCF 2024のポール・コオーペ(CLRTシューマッハ)は、フロリアン・ラトーレ(ABM)とマティス・ジョベール(マルティネット・バイ・アルメラス)に対する非常に好守を見せて3位に終わった。この場所で新人部門優勝を果たした。マルクス・アマンド(シューマッハCLRT)とヴィクトル・ベルニエ(マルティネット・バイ・アルメラス)がトップXNUMX入りを果たした。最後尾スタートのルイ・ペロー(CLRTシューマッハ)は、XNUMXコーナーで接触したにもかかわらずXNUMX位に浮上した。
  • プロアマでは、ジェローム・ブーレリー(レーシングテクノロジー)がセバスチャン・ポワソン(ABM)とマルク・ギヨ(ABM)を圧倒しています。 Am部門はシリル・カイロ(レーシングテクノロジー)が受賞した。ジョーダン・ボアソン(TFT Racing)とエリック・デバード(Debard Automobiles by Racetivity)が表彰台を獲得した。
  • レース2は午前10時30分にスタートする。

レース1の分類: 

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く