PCCF – プレシーズンテスト:ジョベールが最初のセッションをリード

マルティネット・バイ・アルメラスに新たに加入したマティス・ジョベールは、ポルシェ カレラカップ フランスのプレシーズンテストの午前のセッションでベストタイムを記録した。

公開 12/03/2024 à 12:29

アレクサンドル・エルバン

0 コメントを見る)

PCCF – プレシーズンテスト:ジョベールが最初のセッションをリード

マティス・ジョベールが 2024 年の最初のリーダーとなる。 © Alexis Goure.

La trêve hivernale est terminée en ポルシェ Carrera Cup France. Le début des essais de pré-saison ce mardi au circuit Paul Ricard (Var) a donné le coup d’envoi de la saison 2024. Dix-huit pilotes ont pris la piste pendant trois heures pour lancer cette nouvelle campagne.

今年最初のリーダーはマティス・ジョベールです!この冬マルティネット・バイ・アルメラスに到着した2023年ジュニアPCCFは、欧州シーズンの前哨戦としてポルシェ・スプリント・チャレンジ南ヨーロッパに参加して以来、フィリップ・アルメラスのチームとすでにベンチマークを結んでいる。 2分05秒159でタイムシートのトップに浮上した。ベンジャミン・パク(TFTレーシング)がコンマXNUMX秒強差のXNUMX位につけた。ルイ・ペロー (シューマッハー CLRT)がトップ3に入った。

ジュニア・ポルシェのタイトル獲得後、大いに期待されていたアレッサンドロ・ギレッティは、わずか10周程度しか走行しなかった。シューマッハCLRTドライバーはまだそのポテンシャルを明らかにしていない。

総合2位のマーカス・アマンド(シューマッハCLRT)が最高のルーキーだ。 05分431秒XNUMXに、元住人は シングルシーター セッション終了間際にベストタイムを記録した。ビクトル・ベルニエ(マルティネット・バイ・アルメラス)が2024位となり、ジュニア・ポルシェ・カレラカップ・フランスXNUMXのポール・コオーペ(シューマッハCLRT)がチームメイトからコンマXNUMX秒差のXNUMX位となった。

プロアマでは、ダブルタイトル保持者のジェローム・ブーレリーがすでに最前線に立っている。レーシングテクノロジーのドライバーは、昨シーズンの対戦相手であるマルク・ギヨ(ABM)とジェレミー・レスディエ(TFTレーシング)を上回っている。レーシングテクノロジーは、シリル・カイロを通じてAmカテゴリーでも優位に立っています。ジャン・フィリップ・ガンバロ(シューマッハCLRT)とジル・コロンバーニ(ABM)が続く。

13回目のセッションは午後XNUMX時に始まり、所要時間はXNUMX時間です。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く