バルセロナ – レース 2: チェンバースが驚異の牽引、トップ 5 にピン

クロエ・チェンバースがアビ・プリングを抑えて今季初勝利を挙げた。ドリアン・ピンは再びスタートを逃したが、トップ5に復帰した。

公開 23/06/2024 à 09:31

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

バルセロナ – レース 2: チェンバースが驚異の牽引、トップ 5 にピン

©エリック・アロンソ/DPPI

  • 今週日曜日、バルセロナにとって大きな初戦となる。 4勝目を挙げた翌日に大本命に位置し、現在もポールポジションを維持しているのがアビ・プリング(ロダン・モータースポーツ)だとすれば、最終的にカタルーニャでその日のスタート時にスクリーンを割ったのはクロエ・チェンバース(カンポス)だった。
  • 2番グリッドのアメリカ人は、最初の数メートルからイギリス人のライバルを驚かせた。消灯に対する彼の反応が良くなったことで、彼はすぐにコントロールを握ることができました。
  • アビ・プリングが反応しようとすると、クロエ・チェンバースは見事な巧みさを見せてイギリス人女性を2位以上に押し上げ、徐々に差を広げた。非常に強いリズムに乗って、 ハース ハムダ・アル・クバイシ(MPモータースポーツ)が表彰台を獲得し、英国人選手に6秒以上の差をつけてチェッカーボードを獲得した。
  • の側に ドリアン・ピン (プレマ)、スタートはまたしても頭痛の種だった。それでも練習に苦戦したトリコローレは出場を逃し、即座に6つの順位を失った。 5位に後退したが、パリジャンはビアンカ・ブスタメンテ(ARTグランプリ)を振り切ってXNUMX位に浮上した。アビ・プリング、ハムダ・アル・クバイシ、ネレア・マルティ(カンポス)が形成するグループに復帰したが、残念ながら追加のポジションを獲得する隙を見つけることができなかった。

次のラウンドは、 F1 アカデミーはオランダGP(23月25〜XNUMX日)に出場する予定だ。

こちらもお読みください > ドリアン・ピン – 斜面で生まれた若い女性の肖像

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く