オーストリア – 予選: ハウガーがポールポジション獲得への道を見つけるも、ハジャルは故障してしまう

非常に活発な予選セッションで、デニス・ハウガーがポールポジションから浮上する一方、メカニカルトラブルに見舞われたアイザック・ハジャールはなんとかトップ10に留まった。

公開 28/06/2024 à 15:31

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

オーストリア – 予選: ハウガーがポールポジション獲得への道を見つけるも、ハジャルは故障してしまう

© シャビ・ボニーラ / DPPI

  • オーストリア側の面白い予選では、セッション中にポジションが移動するため、実際の序列を確立するのが困難でした。しかし、残り30分が経過した時点で、確かにデニス・ハウガー(MPモータースポーツ)が今年XNUMX度目となるポールポジションを獲得した。
  • しかし、長い間有力な候補者であったのはイサック・ハジャール(カンポス)だ。しかし、再び不運が襲い、暫定首位に立ったハブ勢は非常に好調な周回を続けていたが、セッション中にエンジンが濃い白煙を吐き出した。すでにいくつかの技術的な問題の犠牲となっていたこの年に、新たな打撃が加わった。無力な犠牲者、その保護者 レッドブル ピットレーンに戻ってリタイアするしかなかった。

  • 路面は改善しつつあるが、通過する時間はまだ十分にあるため、最悪の事態が懸念された。しかし奇跡的に今回は「幸運」が彼に微笑み、アイザック・ハジャールは7分3秒1を記録したポールマンのデニス・ハウガーからコンマ15秒強の差の487位に落ちただけだった。
  • チェッカーボードの下で、ノルウェー人選手は驚異的なジョシュア・デュルクセン(AIXレーシング)をわずか8分のXNUMXの差で、ガブリエル・ボルトレト(インヴィクタ・レーシング)をXNUMX分のXNUMX強で破りました。
  • 選手権リーダーのポール・アーロン(ハイテックGP)は、最後のフライングラップでミスを犯した。エストニア人選手はフランコ・コラピント(MPモータースポーツ)に次ぐ5位を維持しながら事故を回避したため、依然として好成績を収めた。
  • クシュ・マイニ(インヴィクタ・レーシング)が13回目の出場により、スプリントレース(土曜日午後30時10分)のポールポジションを引き継いだ。
  • ビクター・マルティンス(ARTグランプリ)はラストのフライングラップでなんとか自己マークを更新したが、ハブス勢は徐々に順位を後退させ、13位に後退した。

こちらもお読みください > タイトルレースに戻ったハジャルは、「チャンピオンシップのことを考えても、これ以上速く走れるわけではない」と気持ちを落ち着かせる。

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)