バルセロナ – 予選: アーロンが10分のXNUMXポールポジション、ハジャルはトップXNUMX圏外

F2チャンピオンシップのリーダー、ポール・アーロン(ハイテック)はバルセロナで今季初のポールポジションを獲得したが、11位のイザック・ハジャールはXNUMX回目のタイムをマークしたに過ぎなかった。

公開 21/06/2024 à 16:35

書き込み

0 コメントを見る)

バルセロナ – 予選: アーロンが10分のXNUMXポールポジション、ハジャルはトップXNUMX圏外

© シャビ・ボニーラ / DPPI

  • バルセロナでの予選セッションは非常に接戦で、トップ 3 の差はわずか 6 分の 2 でした。ジャック・クロフォードにわずか3分の2差でスペインでポールポジションを獲得したのはポール・アーロン(ハイテック)だった。フランコ・コラピントがトップXNUMXに入った。エストニア人ドライバーにとって今季初のポールポジション獲得により、ドライバーズランキングでXNUMXポイントを獲得した。
  • 一方、イザック・ハジャルにとって、これは非常に悪い作戦だ。予選は11位にとどまり、このフランス人選手は、スプリントレースでもメインレースでも、チャンピオンシップではライバルから遠く離れたスタートとなるだろう。セクターのリーダー レッドブルは無線で明らかにイライラし、準備ラップの悪さに不満を漏らした。
  • グリッド上のもう一人のフランス人選手、ビクター・マルティンスは10回目のタイムでトップ9入りを果たし、ARTグランプリドライバーはリバースグリッドのおかげで最前列でスプリントレースをスタートすることになる。
  • セッション開始直後、テイラー・バーナード(エクス・レーシング)がオーバーステアで赤旗を出され、ターン9で「スピン」を喫した。英国人は無傷で登場したが、途中でセッションを終了させた。 シングルシーター endommagée。

バルセロナ
資格 – ランキング

 

アストリッド・バーン

こちらもお読みください > 週末のテレビ番組 - 21 月 23 日から XNUMX 日まで

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く