バルセロナ – スプリント: 不運は終わった?ビクター・マーティンズが2024年についに優勝

シーズン開幕から厳しい状況の中、今週土曜日にバルセロナで行われたスプリントレースでビクター・マルティンスが優勝した。

公開 22/06/2024 à 15:03

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

バルセロナ – スプリント: 不運は終わった?ビクター・マーティンズが2024年についに優勝

© Diederik van der Laan / オランダ写真エージェンシー / DPPI

  • ビクター・マーティンズはついにトンネルの終わりを見たのでしょうか?まだスプリントレースにすぎないので言うことは多すぎるが、この勝利はARTグランプリドライバーにとって大きな収穫となるはずだ。
  • 9試合を終えて前線に残されたe 前日の予選タイム、Alpine “ポールマン”クシュ・マイニ(インヴィクタ・レーシング)のスタートの悪さを利用して、すぐにリードを奪った。その過程で、彼が最初のラップで戦ったのはインド人ではなく、宮田莉朋(ロダン・モータースポーツ)との対戦だった。

  • 今シーズン、感情の影響でいくつかのミスを犯した可能性があるとしても、ビクター・マルティンスは今回は震えなかった。肩に頭を抱えながら、イル・ド・フランス出身の彼は徐々に日本人から距離を置き、その後、トラックリミットを守らなかったため10秒のペナルティを科せられ、最終的に避難した。
  • ライン上ではクシュ・マニとファン・マヌエル・コレア(DAMS)を破った。ゴールまで6周で暫定表彰台に立ったガブリエル・ボルトレト(インヴィクタ)はXNUMX位フィニッシュですべてを失ったe ポール・アーロン(ハイテックGP)とジャック・クロフォード(DAMS)の後に続く。
  • 10番グリッドのイザック・ハジャール(カンポス)は、非常に良いペースでトップ5フィニッシュを果たしたことがある。最初はアンドレア・キミ・アントネッリ(プレマ)にブロックされ、最終的にはアンドレア・キミ・アントネッリの弟子であるアンドレア・キミ・アントネッリを追い抜いた。 レッドブル その後、ジャック・クロフォードに抜かれ、7位で失敗したe 場所。
  • ビクター・マーティンスにとっては2度目の勝利となる。 F2昨年7月のシルバーストンでのメインレース以来となる。

こちらもお読みください > ビクター・マーティンズ:「私にはまだ運命が握られている」

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く