英国 – 出場資格: ハジャールがポールポジションと素晴らしいパフォーマンスを見せ、マルティンズが100%トリコロールのフロントローを獲得

イザック・ハジャールが最高のタイムで今季初ポールポジションを獲得した。ビクター・マーティンスも2度目の登場。

公開 05/07/2024 à 16:35

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

英国 – 出場資格: ハジャールがポールポジションと素晴らしいパフォーマンスを見せ、マルティンズが100%トリコロールのフロントローを獲得

© シャビ・ボニーラ / DPPI

  • シルバーストンのココリコでは、イザック・ハジャル(カンポス)とビクター・マルティンス(ARTグランプリ)のおかげでフランスが見事に代表されました。何よりも、この都市は、オリンピックで初のポールポジションを獲得し、人々の話題となった最初の都市です。 2式.
  • フリープラクティス1に参加した直後のこと。 F1 とともに レッドブル、イルドフランスの居住者は、イギリスの駐機場について全員に同意させることで連鎖しました。突然の環境の変化に悩まされることはなかったが、彼の同僚の中には過去に同じ人がいたかもしれないが、イサック・ハジャルにはライバルがいなかった。 1分39秒368のラップタイムで、残りのプロトンにXNUMX分のXNUMX以上の差を付けた。これは、オーストリアチームの弟子がここ数週間で進化してきたレベルを示している。

  • F2初のポールポジション獲得と、チャンピオンシップ獲得に向けた素晴らしい運営を両立させた。実際、リーダーのポール・アーロン(ハイテックGP)は最後の走行を逃した。最初のターンの出口でスピンしたエストニア人選手はタイヤに火をつけ、徐々に順位を落とし、最終的にはトップ10から追放された。元チームメンバー以来、イザック・ハジャルにとって良いことばかりだった メルセデス 今週末は両レースとも12位スタートとなる。
  • 一方、ビクター・マーティンスは元気を取り戻しているようだ。今年は微妙な状況の中、ARTグランプリのドライバーは予選で2番手タイムを記録し、100%トリコロールのフロントローを獲得するという最高のパフォーマンスを記録した。デニス・ハウガー(MPモータースポーツ)がチームメイトのフランコ・コラピントとオリー・ベアマン(プレマ)を抑えてトップ3入りを果たした。
  • アンドレア・キミ・アントネッリ(プレマ)が今週土曜(午後14時15分)のスプリントレースで「ポールポジション」を引き継いだ。

こちらもお読みください > シルバーストーンでのFP1後、アイザック・ハジャール:「まるで初めてのことのようだ」

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)