ビクター・マーティンズ:「私にはまだ運命が握られている」

2023年の最優秀新人賞に輝いたフランシリアンは、シーズン初めにテオ・プルシェーレの後任の大本命に挙げられ、1年からはF2025での活躍が予定されている。残念なことに、トリコロールは会計レベルで困難に陥っており、ドライバーズランキングでは標準から何光年も離れた20位にランクインしています。

公開 12/06/2024 à 11:24

ジェレミー・サティス

0 コメントを見る)

ビクター・マーティンズ:「私にはまだ運命が握られている」

© Sebastiaan Rozendaal / オランダ写真エージェンシー / DPPI

この驚くべきシーズンスタートをどう説明すればいいでしょうか?あなたは私たちを別の高みに慣れさせてくれました…

別の事にも慣れてしまいました…(そりれ) シーズンの始まりは複雑だが、何が起こっているのかをすべて理解するのはさらに難しい。マシンをいじって別のアプローチを試すためのテスト日はほとんどありませんでした。そこには シングルシーター 古いものと同じようには機能しません(2020年から2023年の期間のもの。編集者注)。自分の運転も変えなければなりません。自分の運転方法を変える必要があるのか​​、それとも車の設定を変更する必要があるのか​​、適切なバランスを見つけるのは簡単ではありません。これまでやってきたことのすべてを最大限に活用できていない、

ジェレミー・サティス

優れた F1 レポーターであり、プロモーション手法に情熱を注ぐ

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 最大 -50% 割引!
  • 無制限のプレミアム記事
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • AUTOhebdo アプリで 2012 年以降のすべての号にアクセス
オートヘブド 2467

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く