バルセロナ – 予選: マンセルがリンドブラッドからポールを奪い、メゲトゥニフがスプリントでポール獲得

バルセロナでは、クリスチャン・マンセル(ARTグランプリ)が予選の最後の瞬間にアルビド・リンドブラッドを抑えてポールポジションを獲得した。予選12位のサミ・メゲトゥニフは土曜日のスプリントレースの先頭でスタートする。

公開 21/06/2024 à 15:32

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

バルセロナ – 予選: マンセルがリンドブラッドからポールを奪い、メゲトゥニフがスプリントでポール獲得

©エリック・アロンソ/DPPI

  • トップ4はXNUMX分のXNUMX未満の差でした!予選で最初のXNUMX人のドライバーを分けたのはわずかな差だった。 3式、今週金曜日バルセロナです。最後の瞬間、クリスチャン・マンセル(ARTグランプリ)がアルビド・リンドブラッド(プレマ)にわずか36分のXNUMXの差をつけてポールポジションを獲得した。
  • ニコラ・ツォロフが3度目のタイムをマークして以来、フランスチームはダブルのトップXNUMX入りも果たしており、現在チャンピオンシップXNUMX位のルーク・ブラウニング(ハイテック)と並んで日曜日にはフロントローからスタートすることになる。
  • 現在ドライバーズランキングのリーダーであるガブリエレ・ミニ (プレマ) は予選で 16 番手タイムしか達成していないため、この英国人選手には今週末絶好のチャンスが訪れることになります。イタリア人はスペイン大会のXNUMXレースで懸命に努力して、数ポイントを獲得し、直接の対戦相手に対するダメージを最小限に抑える必要があるだろう。
  • 前回のPREMAの予選セッションも同様に複雑で、ディノ・ベガノビッチは15回目のタイムを記録しただけで、今週末ポイントを獲得するにはガブリエレ・ミニと同様に9回完璧なレースをする必要がある。このスウェーデン人選手は最後の挑戦の前に、ターンXNUMXでトラックリミットを超えたためタイムがキャンセルされた。
  • F3グリッドにいる唯一のフランス代表であるサミ・メグトゥニフ(トライデント)は予選で12番手タイムをマークし、リバースグリッドのおかげでスプリントレースではポールポジションからスタートすることになった。マルセイエーはイモラでのメインレースに続く今季XNUMX勝目を目指す。

バルセロナ
資格 – ランキング

こちらもお読みください > 週末のテレビ番組 - 21 月 23 日から XNUMX 日まで

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く