イギリス – スプリントレース: リンドブラッドがほぼ10時間後に優勝

一日の終わりに移されたこのスプリント レースでは、アルビッド リンドブラッドがイギリスの自宅で勝利を収めました。サミ・メゲトゥニフがポイントを獲得した。

公開 06/07/2024 à 19:57

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

イギリス – スプリントレース: リンドブラッドがほぼ10時間後に優勝

©エリック・アロンソ/DPPI

  • そして、約10時間の待機とスタートの遅れを経て、ついにXNUMX年のスプリントレースの勝者が判明しました。 F3 シルバーストンではアービッド・リンドブラッド(プレマ)。
  • 当初、このイベントは今週土曜日午前10時20分(フランス時間)に予定されていたが、大雨による悪天候のため午後19時10分(フランス時間)に延期された。イギリスのコースの夕日の下、アルビド・リンブラッドはポールマンのノエル・レオン(VAR)のスタートの悪さとマティアス・ザガゼタ(イェンツァー)との争いを利用してリードを奪った。非常に速いペースで、地元の選手はこのスプリントの 18 周を完璧に管理し、非常にクリーンなコピーを生み出しました。
  • セーフティカーと2台のバーチャルセーフティカーによる介入にもかかわらず、 レッドブル F6初ポイントを獲得したノエル・レオンとマティアス・ザガゼタを5インチ以上リードして勝利を収めた。これはバーレーンでのスプリントレース、最近ではバルセロナでのメインレースに続いて今季3度目の勝利となる。
  • チャンピオンシップリーダーのルーク・ブラウニング(ハイテックGP)は、トップから24周遅れでフィニッシュした。ティム・トラムニッツ(MPモータースポーツ)が左フロントタイヤを交換するためにうまく交渉できず、低速でピットに戻ることを余儀なくされ、クラッシュして5位に終わった。順位表では、6位のガブリエレ・ミニ(プレマ)が8着のおかげでXNUMXポイントを獲得し、XNUMX馬身逆転した。
  • F3にエントリーした唯一のフランス人、サミ・メゲトゥニフ(トライデント)はクリスチャン・マンセル(ARTグランプリ)のペナルティにより8位に終わった。

F3メインレースは今週日曜日午前9時20分に予定されている。

こちらもお読みください > イギリス – 出場資格: 雨ですべてがひっくり返る、ブローニングがポールポジション、メゲトゥニフが3位

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く