フォーミュラe – EL1:ルノーe.ダムスが確認、ピケJrは欠場

北京ePrixの最初のフリー走行セッションでセバスチャン・ブエミがベストタイムをマークしたとすれば、そのセッションはネルソン・ピケ・ジュニアが原因となった奇妙なアクシデントによって特徴づけられたことになる。

公開 24/10/2015 à 03:14

ヴィルマン

0 コメントを見る)

フォーミュラe – EL1:ルノーe.ダムスが確認、ピケJrは欠場

既に 昨日の集合テストでXNUMXつのベストタイムを出した著者、チームの XNUMX 人のシングルシーター ルノー e.damsは今朝、2015-2016年シーズンの開幕戦である北京ePrixの最初のフリー走行セッションを圧倒した フォーミュラe。 今度こそ セバスチャンブエミ 出場した18人のドライバー(トゥルーリ・フォーミュラeチームはミーティングに参加していない)の中で1分37秒を切ったのは彼だけだった。 実際、このスイス人は北京のコースを1分36秒991で完走し、最も近い追撃者、この場合はチームメイトのニコラスを退けた。 乾杯、0»493で。 もちろん、このタイムは予選モード、つまり最大出力 200 kw で達成されたものです。

しかし、競争はますます近づいてきました。 しかし、XNUMX列目にいるのはアウディ スポーツ アプトのドライバーでも、DS ヴァージン レーシングの居住者でもありません。 車のハンドルを握る シングルシーター ベンチュリ社設計のトラクションチェーンを搭載したドラゴンレーシングの、 ロイック・デュバル レファレンスマークまでの失点は0»899のみ。 シャルトレインのライダーはチームメイトのジェローム・ダンブロージオを0上回っており、DSヴァージン・レーシング一族の代表である英国人のサム・バードがトップ220を占めた。 続いてニック・ハイドフェルド(マヒンドラ)、ステファン・サラザン(ベンチュリ)、ダニエル・アプト(アウディ・スポーツ・アプト)、オリバー・ターベイ(ネクステックTXR)、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(チームアグリ)が5番手となった。

非常に興味深いタイムを達成しようとしていたジャン-エリック・ベルニュはコース上にマシンを放棄せざるを得なくなり、その結果赤旗が提示されました。 DSヴァージン・レーシングのハブスは最終的に有利と予想されたルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・スポーツ・アプト)を抑えて14位に終わった。 このブラジル人選手が順位で上にいるのは、ジャック・ビルヌーブ(ヴェンチュリ)、ナサナエル・ベルトン(チーム・アグリ)、ネルソン・ピケ・ジュニア(ネクステフTCR)のXNUMX人だけだ。

ジャン-エリック・ベルニュが遭遇した事故とは別に、ジャック・ヴィルヌーヴの軽度のスピン、特にトラックへのアクセス道路の内壁に衝突したネルソン・ピケ・ジュニアに影響を与えた事故にも注目しましょう。 このブラジル人選手は自分でミスを犯したようで、間違いなくケアレスミスの作者だ。 昨日すでに技術的問題により遅れており、Nextev TCR チームのリーダーは間違いなくパーティーに欠席しています。

4回目で最後のフリー走行セッションはフランス時間午前30時1分、つまり予選開始前の午前30時1分に予定されており、グループ6は午前XNUMX時にアタックを開始する。

0 コメントを見る)