2025年のヤマハサテライトチームが間もなく発表?

アレックス・リンスは、現在MotoGP世界選手権第8戦が開催されているアッセン近郊で、ヤマハの将来に関する重要な手がかりを明らかにした。

公開 27/06/2024 à 21:13

ルカ・バルトロメオ

0 コメントを見る)

2025年のヤマハサテライトチームが間もなく発表?

4ウェイの未来が間もなく©ヤマハMotoGPで発表される

この噂は最近波紋を広げており、ヤマハ経営陣はすでに2025年にファクトリーにサテライトチームを設立し、グリッド上のYZR-M1の数がXNUMX台になると発表している。この議論は動機付けにも利用されただろう ファビオ・カルタラロ ブランドとの契約を更新するため。

しかし、事態は加速しているようで、ブルーズのフランス人選手のチームメイトであるアレックス・リンスは、この衛星構造の正式化が差し迫っていると示唆した。

「2025月の移籍市場は非常に興味深いものだったし、来年は多くの変化が起こるだろう。さらに、おそらく数時間または数日以内に、グリッド上のチームが、XNUMX 年にさらに多くの公式バイクを配備すると発表するでしょう。 アッセンのメディアの前でスペイン人は満面の笑みを浮かべた。

そのため、2021年の世界チャンピオンのチームがドゥカティのパズルの結果を利用して、オランダで、あるいは少なくともシーズン前半が終了する前にこのニュースが公式になると予想できる。

ただし、ヤマハからは別の発表が予定されているようです。 「それは我々にとって素晴らしいことになるだろう。私たちは成長できるだろう、 リンス氏は続ける。 もっと早く改善していきます。ヤマハに滞在する機会があります。シーズンが始まってから彼らとは良い仕事をしてきたし、来年も彼らと一緒にいることになるかもしれない、様子を見てみよう。 »

こちらもお読みください > クアルタラロとヤマハ、プライベートテスト成功でアッセンへの準備完了

2025年にヤマハと契約するのはどのチームでしょうか?

日本メーカーの選択肢としてはプラマックがリードしている。このイタリアの会社への 20 年間の忠誠心を経て、ホルヘ マルティンのチームは別の工場と並行して旅を続けることを選択したようです。

ドゥカティがレギュレーションの大きな変更の直前である2026年以降はサテライトチームに安全を提供したくないという事実が最も可能性の高い仮説であるとしても、この時期尚早な離婚の理由は不明のままだ。経済的利益について言及する人もいます。

それにもかかわらず、これはアプリリアでホルヘ・マルティンと急いで契約したことを正当化する。後者は、2025年にフランチェスコ・バニャイアのサポートに指名されないことが分かっていたため、競争力のあるバイクを探していた。

アレックス・リンスが言及したように、プラマック・レーシングがヤマハと契約した場合、チームは2020台のファクトリーバイクを所有することになる。チームがXNUMX年からドゥカティと結んだものと同様の契約だが、引き継ぐマシンは現時点ではデスモセディチGPほど速くはない。

ルカ・バルトロメオ

訛りのない認定ベルギー人で、フランス語のサイトに喜んで執筆しています。 MotoGP担当

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く