アッセン – EL1: バニャイアが調子を決め、クアルタラロが試合に臨む

オランダGPのフリー走行4回目ではフランチェスコ・バグナイアがアッセンの調子を整え、ファビオ・クアルタラロがXNUMX位という好成績を収めた。

公開 28/06/2024 à 11:39

ルカ・バルトロメオ

0 コメントを見る)

アッセン – EL1: バニャイアが調子を決め、クアルタラロが試合に臨む

アッセンで最速のバニャイア - ミシュラン

Le MotoGPの 3週間の休暇を経てアッセンに戻ってきました。世界選手権第 8 戦は、シーズン前半戦の最後から 2 番目でもあるため、自信を持って休暇を取り、作戦を指揮したいと考えているチャンピオンシップのリーダーにとっては極めて重要な試合となる。今回の優勝候補はフランチェスコ・バニャイアだ。イタリア人選手は、これまでの過去2回のミーティングだけでなく、過去2回のアッセンGPでも勝利への道を見つけた。

EL1: 

  • セッションの最初の部分は、驚くべき映像によって特徴づけられました。アレイシ・エスパルガロがメカニカルトラブルによりボックス内に押し込まれたこと。
  • しかし、コース上では比較的順調に進み、最初の段階では転倒は報告されなかった。タイムの点では、マルク・マルケスが1分32.974秒XNUMXをマークし、ホルヘ・マルティンもそれに続く。
  • ラップタイムは急速に変化しており、何人かのドライバーが順位のリードを主張しています。ラウル・フェルナンデス、アレックス・マルケス、ペッコ・バニャイアのように。

  • セッションの終わりには、ドライバーたちはマルコ・ベッツェッキが昨年のFP1で樹立した基準タイム(1分32.246秒XNUMX)に近づいた。しかし、グリッド上のXNUMX人のドライバーは誰一人としてそれ以上の成績を収めることができなかった。
  • チェッカーフラッグの前で、ファビオ・ディ・ジャンナントニオはアッセンでGP23に潜在能力があることを証明し、1分32.314秒XNUMXのベストタイムを記録した。しかし、彼の時間はキャンセルされました。これによりバニャイアがリードを奪うことができた。
  • 一方、VR46ドライバーと同じマシンを搭載したマルク・マルケスは9位となった。フランチェスコ・バニャイアは、最新バージョンのデスモセディチを装備しトップ9に入った唯一のドゥカティライダーです。

  • ヤマハの新エンジンは成功したようだ ファビオ・カルタラロ 4位という好成績を残している。フランス人選手は今日午後のテスト中にそれを確認することになる。
  • アプリリアも必見です。ラウル・フェルナンデス、マーベリック・ビニャーレス、アレイシ・エスパルガロは、セッション開始時に問題があったにもかかわらず、トップ6に入らずにRS-GPの順位を獲得した。
  • ホンダ勢はそこにはおらず、再び順位の終わりを主張している。その中で、ヨハン・ザルコはルカ・マリーニとロレンツォ・サヴァドーリを抑えて21位にランクされている。

こちらもお読みください > 2025年のヤマハサテライトチームが間もなく発表?

MotoGP アッセン – FP1 分類

MotoGP、アッセン

Classement: モトタイミング

ルカ・バルトロメオ

訛りのない認定ベルギー人で、フランス語のサイトに喜んで執筆しています。 MotoGP担当

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く