ポルトガル – 予選: バスティアニーニがビニャーレスを抑えてポールポジションを獲得

MotoGPポルトガルGPでは、ドゥカティライダー同士の激しいバトルの末、エネア・バスティアニーニがポールポジションを獲得した。

公開 23/03/2024 à 12:37

ルカ・バルトロメオ

0 コメントを見る)

ポルトガル – 予選: バスティアニーニがビニャーレスを抑えてポールポジションを獲得

ポルトガルでポールポジションを獲得したバスティアニーニ ©Michelin

今週金曜日に一日テストが行​​われた後、ポルトガルでは戦闘が続いている MotoGPの。昨夜のセッション終了間際にフランチェスコ・バニャイアとホルヘ・マルティンが直接Q2進出を決めた一方、マルク・マルケスは課題を克服したかに見えた。フランス側では、 ファビオ・カルタラロ ヨハン・ザルコとホンダはQ1を通過する必要があるが、予選セッション後半への直接出場権を獲得した。

無料トライアル 2

  • いくつかの調整を加えた上で、ヤマハ勢は最大限の回転を実現するために最初にトラックに乗りました。しかしセッション中盤、マルク・マルケスとペドロ・アコスタがベストタイムを競う番となった。
  • セッション終了時点で、マーベリック・ビニャーレスの1分38.720秒39というタイムには誰もが同意するだろう。このセッションで3分を切るタイムを記録したのは彼ただ一人である。アコスタとアレイシ・エスパルガロがトップXNUMXに入りました(以下のランキングを参照)。

資格1

  • Q2への出場権を獲得したドライバーは5名のみでしたが、ペドロ・アコスタとアレックス・マルケスがそれぞれ最初の周回を終えるとセッションをコントロールしました。ただし、最初の XNUMX 人が XNUMX 秒以内にお互いを探しているため、確かなことは何もありません。
  • トラックでの5回目の走行が終了した時点で、XNUMX人のスペイン人は依然として課題を習得しており、改善を続けています。最後の努力として、若いルーキーはコースを去ったが、結果は出なかった。アコスタはマルケスからわずかXNUMX分のXNUMX差のXNUMX位でフィニッシュした。

  • エスパルガロはコンマ2秒差でQ1を逃し、一方、Q19敗退の恐れは一度もなかったジョアン・ザルコは、週末のレースではXNUMX番手からスタートすることになる。
  • フランコ・モルビデリにとっても失望だ。金曜日の朝には調子は良かったが、プラクティス中の転倒によりQ2への直接進出が危うくなった。イタリア人はQ7終了時点で1位(グリッド17位)。

資格2

  • 予選セッション後半のスタートは、マルク・マルケス(ドゥカティで今季11度目)とブラッド・ビンダーの転倒によって活気づけられた。セッションの終わりにグレシーニのハンドルバーに戻った後、複数の世界チャンピオンは恐る恐る最初の試みを行い、XNUMX位で終了した。
  • しかし、これが彼の最後の努力により、8番グリッドに位置する重要なタイムを記録することができました。

  • 1台のドゥカティ勢がすぐにセッションの主導権を握り、エネア・バスティアニーニ、フランチェスコ・バニャイア、ホルヘ・マルティンがベンチマークタイムを競い合った。エネア・バスティアニーニは37.706分82秒XNUMXでマーク付きの最後の言葉をマークすることになる。しかし、マーベリック・ビニャーレスのアプリリアは意外な結果を生み出し、ポールポジションからXNUMX万XNUMX分のXNUMXの差で失敗し、ホルヘ・マルティンをXNUMX位から引き離した。

  • フランチェスコ・バニャイアはジャック・ミラー、マルコ・ベッツェッキとともにグリッドの9列目からスタートする。ファビオ・クアルタラロは週末の2レースを9番手からスタートする準備を進めている。

ポルトガルでポールポジションを獲得したエネア・バスティアニーニ。 「長い間ポールポジションを獲得できなかったので、気分は良いです。昨日よりも改善できたので満足しています。良い資格でしたが、まだ始まりに過ぎず、まだ確認する必要があります。 »

MotoGP ポルトガル – 予選ランキング

GP ポルトガル – EL2 分類

 

こちらもお読みください > MotoGPポルトガルグランプリのスケジュール

ルカ・バルトロメオ

訛りのない認定ベルギー人で、フランス語のサイトに喜んで執筆しています。 MotoGP担当

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く