カタールEL2:ザルコがイライラ、マルケスが最速

MotoGPカタールグランプリ初日は雨により大幅な混乱となった。しかし、EL2ではマルク・マルケスがファステストラップを記録した。

公開 08/03/2024 à 19:05

ルカ・バルトロメオ

0 コメントを見る)

カタールEL2:ザルコがイライラ、マルケスが最速

ザルコはドライバーの決定にイライラ ©Michelin

当初今週金曜日の夜に予定されていたドライビングセッションでは、トップ10がQ2への直接出場権を獲得する予定だった。これは、数滴の雨が降ったことを当てにしていませんでした。 Moto3セッションの中盤に発生し、水がコースを濡らし、テストを開催すべきかどうかについて議論が巻き起こった。

Moto2 では XNUMX 人のライダーのみがトラックに参加しましたが、 MotoGPの プラクティスセッションを今週土曜日に延期する決定を下したが、2回目のフリープラクティスセッションと交換するために与えられた時間を維持したいと考えた。

  • 今回の走行セッションで10位だったヨハン・ザルコは、コースインする前に同僚の決定にイライラしていた。

「レースに出たいドライバーはいるが、予選ではない。 フランス人はCanal+のマイクで抗議した。 濡れていると滑って危険です。それはばかげています、それは常に自分に合ったものに適しており、誰も物事を言うのに十分な勇気を持っていないので、誰もが従うのです。

私にとってそれはチャンスでしたが、常にリスクが伴います、 彼は続けます。 優勝候補が予選を通過できないのはリスクが高く、したがって明日はQ1に進出しなければならないことは理解しています。優勝候補が自分自身に疑問を抱く方法を知らないという理由だけで、このような急激な変化を経験するのは残念です。 »

  • タイムに関しては、マルク・マルケスが2:06.544で最速タイムを記録した。 KTMの後ろでトップ5が完成し、ガスガスが公式チームの上位を占めています。したがって、アウグスト・フェルナンデスはペドロ・アコスタよりも優れており、ジャック・ミラーはブラッド・ビンダーよりも優れています。
  • 現世界チャンピオンのフランチェスコ・バニャイアはわずか12周を周回して同じ順位でフィニッシュしたが、ホルヘ・マルティンはもう18周周回してXNUMX位でフィニッシュした。
  • ファビオ・カルタラロ チームメイトのアレックス・リンスが最下位でセッションを終えた中、14回目のチェッカーフラッグを受けた。
  • ラウル・フェルナンデス(6位)、エネア・バスティアニーニ(7位)、ファビオ・ディ・ジャンナントニオ(8位)、アレックス・マルケス(9位)がトップ10入りを果たした。終了しつつあるセッションが当初の課題を維持していれば、これらのドライバーはQ2への出場権を獲得することになる。
  • もちろん、このタイムはドライバーが週末の残りの期間に発揮することが期待されるパフォーマンスを表すものではありません。

こちらもお読みください > バニャイヤはカタールで多くの対戦相手を見つけることを期待している

MotoGP – カタールのEL2ランキング

MotoGP、カタール、ザルコ

©モトタイミング

こちらもお読みください > MotoGP: カタール – EL1: マルティンが激しいセッションで初勝利

 

ルカ・バルトロメオ

訛りのない認定ベルギー人で、フランス語のサイトに喜んで執筆しています。 MotoGP担当

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く