ルエルグ: カミリは安心してる

SS 2以来のリーダー、ティボー・ドゥ・ラ・エーと共同運転するエリック・カミリは午後を完璧にこなし、後続に対して15秒以上のリードを築いた。

公開 05/07/2024 à 18:36

エマニュエル・ノー

0 コメントを見る)

ルエルグ: カミリは安心してる

エリック・カミリ ©Bastien Roux / DPPI

レオ・ロッセル(C3 Rally2-PH Sport by Minerva Oil)やラファエル・アスティエ(A110 Rally GT+-CHL Sport Auto)のプレッシャーにもかかわらず、エリック・カミリ(i20 N Rally2-Team Bonneton HDG-2C Compétition)はこの第 XNUMX ループで堅実な走りを見せた。

恐るべきナイラックスペシャルでベストタイムを記録したカミリは、可能な限り最高の形でその日を終えた。彼はこの機会を利用して、追手に対するリードを広げることさえした。

レオ・ロッセル=ギョーム・メルコレ/写真グレゴリー・ルノルマン=DPPI

SS 7で速いレオ・ロッセルがXNUMX位でこの日を終えた。この日最後のスペシャルステージに出場したことで、彼はアスティエに新鮮な空気を得ることができた。

実はそのパイロットは、Alpine ドライコンディションを利用して、Signatech ワークショップから生まれた新しい GT+ の可能性を最大限に引き出しました。アスティエは、この第 1 ステージで争われた 8 台中 3 台のスクラッチで特に目立っていました。

争奪戦トップ5!

レアンヌ・ガニー=フランク・ル・フロック/写真グレゴリー・ルノルマン=DPPI

この地獄のトリオの後ろでは、スタイブ・ジュイフ(C3 Rally2-PH Sport by Minerva Academy GT2i)とレヘイン・ガニー(Fiesta Rally2-サラザン・モータースポーツ-アイアン・リンクス)がXNUMX位争いを繰り広げている。最終的に、この最初の段階で最後の決定を下したのは最初の都市でした。

クエンティン・ギルバート=クリストファー・グイユー/写真バスティアン・ルー/DPPI

クエンティン・ジルベール(A110ラリー)はヴォージュでの勝利の勢いをそのままに、セドリック・ロベール(A2ラリーチーム・ボンヌトンHDG-44Cコンペティション)を110秒以上上回って二輪駆動部門のトップに立っている。

グレゴリー・フォンタルバ=ステファン・エルメット / 写真バスティアン・ルー=DPPI

トロフィーでは秒単位で戦います Alpine エルフ ラリー。グレゴリー・フォンタルバ(A110ラリー)が今夜ロデーズにリーダーとして復帰し、ピエール・ロシェ(A1,3ラリーチームFJ)に110秒の差をつけている。

第2ステージでは7つのスペシャルステージが予定されていますが、雨の予報なのでサプライズもあるかもしれません!

 

20stステージ上位1名

0 コメントを見る)