サブリナ・デ・カステッリ:「ラリーが私の人生のすべて」

副操縦士、物流担当者、ラリー主催者...コルシカ島で最も情熱的なロード レーサー、サブリナ デ カステッリへの 1 時間 20 分のインタビューから厳選した記事。

公開 05/07/2024 à 09:26

アン・シャイラー

0 コメントを見る)

サブリナ・デ・カステッリ:「ラリーが私の人生のすべて」

写真: B. Roux / DPPI

サブリナ、自己紹介をしてもらえますか?

私は 51 年前にアジャクシオで生まれ、アレリアの近くに住んでおり、ASA レストニカを卒業しました。私はもともと会計士ですが、これまでの人生では会計よりも物流や集会のほうが多かったです。 (笑)

モータースポーツに対するあなたの情熱は子供時代に遡りますか?

私にとって、それは情熱というよりも生き方です。ザ ラリー、それは私の人生全体です。ある日、兄が父と一緒にカートに出かけたので、私も同行しました…少年たちの前でカデットレースで優勝したこともありました! 12代の頃、ラリーをやっていた父が偵察旅行に連れて行ってくれて、そのメモを読んですぐに好きになりました。ツール・ド・コルスに向けて、私たちは地図を広げ、飲み物について研究しました。私たちは本格的な支援計画を策定しました。粘着タブレットを使ってすべてを準備しました。 XNUMX歳の私は知らないうちに物流の仕事をしていました。

あなたは1992年にコ・ドライバーとしてスタートし、最初のシーズンでクラス優勝を果たしました。

私は18歳で免許を取得しましたが、母親がラリーを手伝ってくれたことに何の疑問もありませんでした。それは私に成功へのさらなる動機を与えました。

この記事はサブスクライバーのみを対象としています。

Il vous reste 90%àdécouvrir。



すでに購読者ですか?
ログイン


  • 最大 -50% 割引!
  • 無制限のプレミアム記事
  • 毎週月曜午後20時からデジタルマガジン
  • AUTOhebdo アプリで 2012 年以降のすべての号にアクセス
オートヘブド 2467

0 コメントを見る)