ヴォージュ:ロッセルとボナートの首と首

今朝、2つの傷を負ったレオ・ロッセルとギヨーム・メルコワは、ヨアン・ボナトとバンジャマン・ブルードに0.5秒の差をつけてラリー・ヴォージュ〜グラン・エストをリードした。

公開 15/06/2024 à 12:08

エマニュエル・ノー

0 コメントを見る)

ヴォージュ:ロッセルとボナートの首と首

レオ・ロッセル©Grégory Lenormand / DPPI

雨の影響でステージは難しくなり、ドライバーはさまざまなタイヤ選択を強いられた。
レオ・ロッセル (C3 Rally2-PH Sport by Minerva Oil) とヨアン・ボナート (C3 Rally2-Trajectus Motorsport) が、第 XNUMX ステージで激しく戦いました。 ラリー ヴォージュ グラン エステート
ウェットコンディションでも明らかに余裕を見せたレオ・ロッセルは、ラリーの先頭でジェラールメに復帰した。

ヨアン・ボナート/ベンジャミン・ブルード – 写真ダミアン・ソルニエ/DPPI

わずか0,5秒差では、ヨアン・ボナト(C3 Rally2-Trajectus Motorsport)が依然としてリーダーに対して非常に脅威を与えている。
車の運転に自信がなくなる ヒュンダイ, エリック・カミリ(i20 N Rally2-Team Bonneton HDG-2C Compétition)は、レース開始時に15人の屈強な男たちにXNUMX秒以上のタイムを譲った。

エリック・カミリ/ティボー・ド・ラ・ヘイ – 写真ダミアン・ソルニエ/DPPI

2WDのトップはギルバート

SS 3 (3 位) で好タイムを記録したウーゴ マルガイラン (i20 N Rally2-CHL Sport Auto) は、ラファエル アスティエ (A110 Rally GT+-CHL Sport Auto) に先んじて表彰台をあと一歩手前で逃しましたが、タイヤの選択にがっかりしました。

 

クエンティン・ギルバート/クリストファー・グイウ – 写真ダミアン・ソルニエ/DPPI

 

二輪駆動側では、ホームグラウンドでクエンティン・ギルバート(A110ラリー)がセドリック・ロベール(A110ラリーチーム・ボンヌトンHDG-2Cコンペティション)を上回るアドバンテージを獲得した。ギルバートはラリー10の中盤でトップ2入りを果たし、ラリーの好スタートを切った。

 

暫定分類

 

 

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く