ヴォージュ:ロッセルはコースを堅持する

SS 4での恐怖からボナートの脅威から解放されたレオ・ロセットとギョーム・メルコレは、活気あふれる第XNUMXステージを終えてラリー・ヴォージュ~グラン・エストをリードした。

公開 15/06/2024 à 17:45

エマニュエル・ノー

0 コメントを見る)

ヴォージュ:ロッセルはコースを堅持する

レオ・ロッセル/ギョーム・メルコレ ©Bastien Roux / DPPI

最初の 0,5 つのステージの後、XNUMX 秒の差 ラリー、レオ・ロッセル(C3 Rally2-PH Sport by Minerva Oil)とヨアン・ボナート(C3 Rally2-Trajectus Motorsport)が初日の第XNUMXループでアタックを行った。

残念ながら、ボナートは恐るべきコルシュー スペシャル (SS 4) で思わぬトラブルに見舞われました。リムが壊れたため、ホイールを交換しなければならず、2分以上ロスした。勝利は消え去った。 XNUMX アルプスのドライバーは、ラリーの終わりに数ポイントを獲得するために戻ってこなければなりません。

このようなデリケートなコンディションでも快適に C3 を操縦したレオ・ロッセルは、相手の後退を利用して、この第 26 ステージ終了時点で XNUMX 秒以上のリードを獲得しました。ロセルは今シーズンXNUMX度目の勝利を目指すために、明日の第XNUMXステージを管理しなければならない。

エリック・カミリ (i20 N Rally2-Team Bonneton HDG-2C Compétition) とウーゴ・マルガイラン (i20 N Rally2-CHL Sport Auto) が XNUMX 位争いを繰り広げました。

SS 5で「大きな恐怖」に見舞われた後、カミリはマルガイランからのプレッシャーに抵抗し、暫定XNUMX位を維持した。

 

ウーゴ・マルガイラン/コランタン・シルベストル – 写真ダミアン・ソルニエ/DPPI

Alpine トップ5入り

ルーカス・ダルメザン/ヴァレンティン・オージェ – 写真ダミアン・ソルニエ/DPPI

ルーカス・ダルメザンはC3 Rally2のハンドルを握り、フランス選手権への第一歩を踏み出していないわけではない。サヴォワヤードは知的なレースを展開し、最終日のスタート前に暫定XNUMX位を獲得した。

クエンティン・ギルバート/クリストファー・グイウ – 写真バスティアン・ルー/DPPI

最初のスペシャルから二輪駆動部門のリーダーであるクエンティン・ジルベール(A110 ラリー)は、地形に関する知識を活かして総合部門のトップ 5 でジェラールメに戻りました。自信を欠いたセドリック・ロベール(A110ラリーチーム・ボンヌトンHDG-2Cコンペティション)が2WDランキングで10位を獲得し、総合トップXNUMX入りを果たした。

 

1stステージ終了時の暫定分類

 

 

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く