2024 WRC チャンピオンシップ – ラリーポーランド後のランキング

カッレ・ロバンペラが優勝した今年第2024戦ラリー・ポーランド後のXNUMX年WRCドライバーとマニュファクチャラーのランキングをご覧ください。

公開 30/06/2024 à 17:01

メディ・カサウラン

0 コメントを見る)

2024 WRC チャンピオンシップ – ラリーポーランド後のランキング

©ニコス・カティキス/DPPI

急遽交代する セバスチャン・オジェ偵察中に交通事故に遭ったカッレ・ロバンペラさんは、初参加に向けてエネルギーを補給した。 ラリー ポーランド出身:勝利に加えて、パイロット トヨタ 週末最も多くのポイントを獲得したのは 27 ポイントです。

日曜日はさらに攻撃的になるが、 エイドリアン・フォーモー エルフィン・エバンスと同数のポイントを獲得し、後者はラリーの順位(17ポイント)で彼より上で終了した。土曜日に欠場したにも関わらず、 オィット・タナック エストニア人はポーランドで家具を救出し、なんと11ユニットを集めました。チャンピオンシップでは、 ティエリーヌーヴィル (136ポイント)はエルフィン・エヴァンス(15ポイント)を依然として121ポイント上回っており、エルフィン・エバンスはタナクを抜いて2位となっている。セバスチャン・オジエ(92点)はアドリアン・フルモー(4点)を抑えて91位を維持している。

メーカーの中では、 ヒュンダイ (311 ポイント) はトヨタ (10 ポイント) に対してわずか 301 馬身差で僅差で負けました。 Mスポーツ フォードが156ポイントで後方に浮上した。

こちらもお読みください > 2024 年の新しいポイントスケール: 仕組みは?.

WRC 2024 – ドライバーランキング

1) ティエリー・ヌーヴィル (ヒュンダイ) – 136 ポイント (ポーランドで 6+3+5)
2) エルフィン・エバンス (トヨタ) – 121 ポイント (13+4)
3) オット・タナク (ヒュンダイ) – 115 ポイント (0+7+4)
4) セバスチャン・オジエ (トヨタ) – 92 ポイント
5) エイドリアン・フォーモー (M-Sport Ford) – 91 ポイント (10+5+2)
6) カッレ・ロバンペラ (トヨタ) – 63 ポイント (18+6+3)
7)勝田貴元(トヨタ) 58点(3+2+1)
8) アンドレアス・ミケルセン (ヒュンダイ) – 29 ポイント (15)
9) ダニ・ソルド (ヒュンダイ) – 27 ポイント (13+3+0)
10) エサペッカ・ラッピ (ヒュンダイ) – 23 ポイント

WRC 2024 – メーカーランキング

1) ヒュンダイ – 311ポイント
2) トヨタ – 301ポイント
3) Mスポーツ・フォード – 156ポイント

WRC2 2024 – ドライバーランキング

1) ヨハン・ロッセル (シトロエン) – 71 ポイント (ラリー 4 回中 7 回)
2) サミ・パジャリ(トヨタ) 61点(4/7)
3) オリバー・ソルベルグ (シュコダ) – 61 ポイント (4/7)
3) ヤン・ソランス (トヨタ) – 48 ポイント (4/7)
5) ニコライ・グリャジン (シトロエン) – 40 ポイント (2/7)
6) ラウリ・ジョーナ (シュコダ) – 37 ポイント (4/7)
7) ニコラス・シアミン (ヒュンダイ) – 36 ポイント (4/7)
8) ペペ・ロペス (シュコダ) – 33 ポイント (3/7)
9) ガス・グリーンスミス (シュコダ) – 25 ポイント (2/7)
9) カジェタン・カジェタノヴィッチ (シュコダ) – 25 ポイント (2/7)
11) ジョシュ・マケレイン (シュコダ) – 22 ポイント (2/7)
12) ルーペ・コルホネン (トヨタ) – 20 ポイント (2/7)

こちらもお読みください > サルデーニャ・ラリーのパワーステージでタナクが優勝、オジエはコンマ2秒差で負け!

メディ・カサウラン

あらゆる分野のモータースポーツの歴史に情熱を持っていた私は、AUTOhebdo のおかげで読書を学びました。 少なくとも私の両親は、私の名前を見たときにみんなにそう言います!

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く