ラリー・フィンランドのスタートに1台のトヨタ・ラリー2、ラトバラがラリーXNUMXに出場

ラリー・フィンランド(1月4日~1月2日)のエントリーリストが明らかになり、トヨタはXNUMX台のヤリス・ラリーXNUMXからなる正真正銘の大部隊とともに登場する予定だ!日本チームのメインディレクター、ヤリ-マティ・ラトバラはヤリス・ラリーXNUMXからスタートする。

公開 05/07/2024 à 13:25

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

ラリー・フィンランドのスタートに1台のトヨタ・ラリー2、ラトバラがラリーXNUMXに出場

©ニコス・カティキス/DPPI

次の ラリー 1月4日から80日まで、フィンランドのちょっとした日本の雰囲気を味わえます。今週金曜日に公開されたエントリーリストには、10人のRally1…と5人のクルーを含むXNUMX人以上のクルーが登録されている。 トヨタ ヤリスラリー1!

ユヴァスキュラの本拠地近くでレースを行う日本企業は、プレミアカテゴリーに5人の代表選手を擁することになる。フルシーズンスターターに加えて、エルフィン・エヴァンスと勝田貴元という豪華フリーランサーである。 セバスチャン・オジェ そしてカッレ・ロヴァンペラもスタートを切ることになる。彼らには新しい子供、サミ・パジャリが同行します。 誰が母国でRally1デビューを果たすのか。 1年にラリー2022カテゴリーがデビューして以来、トヨタが同一イベントにXNUMX台のマシンをエントリーするのは初めて。

競合他社の間では変化はありません。いつものように、 ヒュンダイ は3台の車で登場し、エサペッカ・ラッピは韓国人の3番目の席を占めることになる。 Mスポーツ フォードは2人のスターティングドライバーが代表を務めることになる。 エイドリアン・フォーモー そしてグレゴワール・ミュンスター。

Rally2 カテゴリーも 39 名のクルーが登録しており、非常に賑わいます。そして嬉しいサプライズとして、ヤリス Rally2 のハンドルを握るヤリ-マティ・ラトバラの存在です。 209回出発した男 WRC昨年ラリー1に乗ってラリー・フィンランドに参加したユホ・ハンニネンがサポートします。

特にシュコダ ファビアに乗るオリバー・ソルベルグ、ピエール=ルイ・ルベ、ガス・グリーンスミス、あるいはヒュンダイ i20 に乗るエミール・リンドホルムやティーム・スニネンなど、この分野は非常に強力になるだろう。シトロエンドライバーのヨハン・ロッセルとニコライ・グリャジンもエントリーリストに名を連ねているが、WRC2チャンピオンシップのポイント獲得資格はない。 WRC3カテゴリーにはXNUMX人のフランス人クルーが登場し、マテオ・シャティヨンが参戦します。 ルノー フォード・フィエスタ・ラリー3のクリオ・ラリー3とトリスタン・シャルパンティエ。

ラリー・フィンランドの参加者の完全なリストはここでご覧いただけます。

こちらもお読みください > WRCで新たな女性タレントを募集中

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く