ラリー・フィンランド開幕時のラトバラ:より良く売るためには「ヤリス・ラリー2を理解することが重要」

トヨタ ヤリス Rally1 でラリー フィンランドに参加してから 2 年後、ヤリ-マティ ラトバラは今年も参加します...しかし今回は新しい日本の RallyXNUMX のハンドルを握ります。そしてフィンランド人は、自分の土地で再び運転したいという焦りを隠さない。

公開 06/07/2024 à 12:45

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

ラリー・フィンランド開幕時のラトバラ:より良く売るためには「ヤリス・ラリー2を理解することが重要」

©ニコス・カティキス/DPPI

~のプリンシパルディレクターとなる トヨタ 良い面もあります。ヤリ-マティ・ラトバラは今年復帰する予定だ。 WRC そして参加します ラリー フィンランドでは1月4日から2023日まで。 1年にフィンランド人がすでにトヨタ GRヤリス ラリー2でホームラウンドをスタートしていたとすれば、彼は新参者であるヤリス ラリーXNUMXバージョンのハンドルを握って、その地に参戦することになる。ユヴァスキュラの本拠地から数歩のところに施設がある日本企業にとって重要な集会。

「昨年、ラリー・フィンランドに参加した際、ラリー1を走らせたとき、格別の感覚と感動を味わいました。 彼はWRC公式ウェブサイトにこう語った。 本当に楽しかったし、同じラリーで再びドライブできるかどうかを知るために、2024年まで待ちきれなかったと認めざるを得ません。 »

ラトバラは豊田にラリー・フィンランドへの参加を説得した

WRCで209回出走した男は、現在もその記録を保持しているが、トヨタ社長でありモータースポーツ愛好家の豊田章男をどうやって全国ラリーに再び参加するよう説得できたかを説明した。

「私の運転に対する計り知れない情熱は誰もが知っており、今シーズンは[GRヤリス] Rally2を発売しました。 XNUMX月に豊田章男さんにお会いして、ラリー・フィンランドに参加できないか聞いたとき、そんなことを考えていました。 ヤリ=マティ・ラトバラは言う。彼は私の情熱を理解してくれていますが、同時に、これらの車を販売する際に顧客とより良いコミュニケーションを図るために、Rally2 を理解することが非常に重要です。私が製品を販売するときに、彼らに製品がどのようなものであるかを伝える最良の方法は、自分で乗ってみることです。 »

「昨年、日本の北海道ラリーでステアリングを握りましたが、当時からクルマは大きく進化しており、 フィンランド人は続けます。今の彼女は全く違います。 (ル・マン)24時間レース前に昭夫選手にお願いをしたところ、レース後は必ずしも直接来る時間がなかったにもかかわらず、快く応じていただきました。素敵な握手があり、WRC2のような競争の激しいカテゴリーでRally2をドライブし、若いドライバーのレベルを測ることができたのは本当に良かったと言わざるを得ません。 »

トヨタにとって第二の故郷のレースのように聞こえるラリー・フィンランドに、日本企業は1つの主要カテゴリーに真の艦隊を率いて参戦する。プレミアカテゴリーには少なくともXNUMX台のヤリス ラリーXNUMXが登場します(エバンス、勝田、 オジェ、ロバンペラ、パハリ)、そしてWRC2では2台のヤリス ラリーXNUMX、特にヤリ-マティ・ラトバラとともにゲオルグ・リンナマエとヤン・ソランスの存在が注目されています。

こちらもお読みください > ラリー・フィンランドのスタートに1台のトヨタ・ラリー2、ラトバラがラリーXNUMXに出場

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く