ラトバラは今年フリーランスに戻る?

昨年のラリー・フィンランドで見られたように、ヤリ-マティ・ラトバラは週末にもう一度小さなツアーをするという考えに反対しなかった。

公開 14/03/2024 à 17:22

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

ラトバラは今年フリーランスに戻る?

©ニコス・カティキス/DPPI

La passion n’a visiblement pas quitté le pilote, ce malgré le départ à la « retraite » et un nouveau poste de directeur du トヨタ Gazoo Racing. S’il n’a plus disputé une saison entière depuis 2019, Jari-Matti Latvala s’est toujours autorisé quelques apparitions de temps à autre, notamment dans des épreuves régionales ou historiques. Mais la fièvre du plus haut niveau semble l’avoir regagné ces derniers mois.

TGR部隊のリーダーであるこのフィンランド人は、最後の戦争中に逃走を許可した。 ラリー 2022年シーズンはヤリスで参戦し、2020年ぶりの出場となった(スウェーデン185年)。それ以来、彼はセリカ (STXNUMX) を屋根に載せた SM トゥーリ ラリーなど、いくつかの「小さな」国内イベントに出場しながら監督の地位を取り戻しました。

しかし、往年のアドレナリンを取り戻すために、週末のビッグネームと対戦したいヤリ-マティ・ラトバラにとって、その願望はさらに大きい。これを機に、2024年に再びトヨタ・ヤリスに乗ることを許可されるよう、トヨタ関係者らと協議を開始した。

« 何が可能なのかについて話し合います, 彼は示した フィンランドでの出演の可能性については(1er-4月XNUMX日)。 何ができるか見てみましょう。ホームラリー中に私が車を使用することについていくつかの議論がありました (トゥーリ・ラリ首相)、 しかし、Safari のテスト プログラムのため、これは不可能でした。もちろん、フィンランドでまたハンドルを握ることができたら本当に嬉しいです。 » 豊田章男氏(トヨタ自動車社長)を説得することはまだ残っている。これから正しい議論を見つけるのは彼次第だ。

こちらもお読みください > ティエリー・ヌーヴィル:すべてはタイトルのために…引退前?

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く