ミハル・フラバネク(シュコダ・モータースポーツディレクター):「シュコダはRally2+キットの開発には興味がない」

すべてのチャンピオンシップでレースをする多くのファビアとのラリーの中心人物であるミハル・フラバネクは、一般的な意見を裏付けています。シュコダは Rally2+ には興味がなく、現状維持を望んでいます。 11月XNUMX日の世界理事会が、特別委員会が想定した方向性の全体的な拒否を承認するかどうかはまだ分からない。

公開 05/06/2024 à 08:09

ロイック・ロッシ

0 コメントを見る)

ミハル・フラバネク(シュコダ・モータースポーツディレクター):「シュコダはRally2+キットの開発には興味がない」

ミハル・フラバネク(右)はラリーにおけるシュコダの将来について検討する前に、レギュレーションを知るのを待っている(写真:トーマス・フェネートル/DPPI)

FIA ワーキング グループからの提案、特に Rally2 をより効率的にするためにこのキットを搭載するという提案には驚きましたか?

将来に目を向けて解決策を見つけようとするのは普通のことでした。それは非常に複雑であることを認識しなければなりません。エンジンに関して民間車の将来がどうなるかは誰にもわかりません。ハイブリッド、電気、水素、火力発電…すべてのメーカーは主に、欧州連合での決定がどのような結果をもたらすのかを待っています。この状況が提案されている変更に役立つかどうかは疑問です。何を基準に仕事をするのかさえ分かりません。何よりも必要なのは安定だと思います。ハイブリッドユニットを外したい気持ちはわかります。コストの問題は重要であり、将来のことを懸念する必要があります。これにより、私たちは支出を抑制できる選択を迫られるはずです。

これらの Rally2+ では実際にはそうではありませんでした?

Rally1とRally2の間に新たなカテゴリーを設けた動機が分かりませんでした。これらの車は他の 1 台のどちらも助けることができません。これは追加コストを意味しますが、その背後に事業計画はありません。 Rally2 はマーケティングとコミュニケーションに関するものであり、Rally2 は顧客との競争を目的としています。これらの RallyXNUMX+ では何かを開発する必要がありますが、それは単純でも無料でもありません。それどころか、特に何キット作らなければならないかわからないため、かなり高価ですらあります。合わないものを混ぜようとしてもうまくいきません。チェコ共和国では、猫と犬を組み合わせるのは不可能だと言えます...どのような選択が行われるかはわかりますが、シュコダはそのような製品の開発には興味がありません。

Rally1を削除してRally2を最高のカテゴリーにするという決定が下された場合、シュコダは正式にコミットする傾向があるでしょうか?

現在のRally2はどれも同じレベルです。明日、メーカーにこれはエリートカーだと言えば、彼らは予算を使ってそれを進歩させるでしょう。各ブランドは、それぞれの目標に沿って連携して競争します。そのためには、技術的なソリューション、コスト、価格について妥協する必要があります。プロモーションのためだけに車を作るのであれば、何台も作る必要はありませんが、最高の技術を注ぎ込むことができます。私にとって、両方のカテゴリーを維持することは興味深いことです。シュコダはRally2をベンチマークにしようとしているわけではない。そうなると、これ以上お金をかけられなくなると思います。

シュコダが現在ファビアとともに存在するとしたら、将来の展望は何でしょうか?代替品はあるのでしょうか?

私たちはファビア RS を 2022 年に開発し、実際に競技に登場したのは 2023 年でした。つまり、私たちはまだプロセスの始まりにすぎません。私たちにとって、規制が 2027 年か 2028 年までこのままであれば完璧です。現時点では、この世代のファビアの後に何が起こるかについての計画はありません。私たちはプレッシャーを受けているわけではありません。まだ早いです。新しい規制が発表されたら、プロジェクトが完了するまでに 2 年かかると考えています。今は単に車を開発する時期ではありません。上司を説得するのにも時間がかかります。大企業では、翌年の予算の検証に数週間かかる場合があります。通常、これはXNUMX月からXNUMX月の間に行われます。したがって、私たちは今後 XNUMX 年間に何をするかを決定する重要な時期に来ています。

あなたの意見では、シュコダが正式にプレミアカテゴリーに戻る日が来る可能性はありますか?

可能性を否定することはできませんが、確実なことも言えません。すべては導入される規制だけでなく、ブランドが従う方向にも依存します。

ロイック・ロッシ

過去、現在、未来を専門とするジャーナリストで、南部のアクセントが特徴です

0 コメントを見る)