250万台目のカイエンが生産された

公開 07/05/2009 à 19:34

ピエールタッセル

0 コメントを見る)

まさに象徴です。ライプツィヒのドイツ工場の生産ラインから出荷される 250 万台目のカイエンは、大いに話題になり、物議を醸したフォルクスワーゲンの V000 ディーゼル エンジンを搭載したものとして歴史に残ることになります。
2002 年に発売されたカイエンは、カタログの 3 番目のシリーズへの道を切り開きました。 ポルシェ 伝説の911とボクスターの後。それ以来、ケイマンとパナメーラはシュツットガルト会社の征服への野心を裏付けてきました。

カイエンは初期には多くの批判を受けましたが、150 年から徹底的なモデルチェンジが行われた 000 年 2002 月までに 2007 万台が販売されました。 2007/2008 会計年度中、ポルシェは高級 SUV を 45 台販売し、記録を達成しました。

911 と同様、カイエンは、最も幅広いエンジンの恩恵を受けるポルシェ モデルの 6 つです。これは、3.0 馬力の 240 リッター ディーゼル V8 から 550 馬力のツインターボ ガソリン V6 までの範囲に及び、290 馬力の V8 または約 400 馬力を発揮するさまざまな自然吸気 VXNUMX も含まれます。最終的には XNUMX つのバリエーションが提供され、来年のリニューアルとフォルクスワーゲンとの提携により開発されたハイブリッド バージョン (ガソリンと電気) の登場が待たれます。

(R.バーナード)

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く