フィリペ・アルバカーキ、今季LM P2最速ドライバー

このポルトガル人ドライバーは、WECシーズンで最も速く、最も安定したスティントを完走したLM P2ドライバーに与えられるグッドイヤー・ウィングフット賞を受賞した。

公開 07/11/2023 à 15:59

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

フィリペ・アルバカーキ、今季LM P2最速ドライバー

©グッドイヤー

もし彼がLM P2チャンピオンに輝いていなかったとしたら、 WEC, フィリペ・アルブカーキは手ぶらでバーレーンを出たわけではない。 このポルトガル人選手は、このカテゴリーのメーカーであるグッドイヤーから最初のウィングフット賞を受賞しました。 カレンダーの XNUMX ラウンドの各ラウンドで連続リレーの平均最速記録を達成した人に与えられる賞品。 「複数のリレーでパフォーマンスを最大化する技術を讃える」 アメリカの会社によると。

今季LM P8ランキング2位に位置するユナイテッド・オートスポーツのドライバーは、ロバート・クビサを抑えてこの賞を獲得した。 フィリペ・アルバカーキは特にLM P2ドライバーでした 昨年6月の富士XNUMX時間耐久レースで最速記録。 バーレーン8時間耐久レースではアルバート・コスタが平均タイム1分56秒96でウイングフット賞を受賞した。

この名誉あるチャンピオンシップでのポルトガル人の勝利のおかげで、ユナイテッド・オートスポーツはサクヒール・サーキットでの最終ラウンド後の日曜日に行われたシーズン終了のルーキーテスト用に、追加のグッドイヤータイヤ3セットを受け取った。 ウイングフット賞はLMGTXNUMXの登場により来シーズンのWECでも継続される。 グッドイヤーが唯一のサプライヤーとなるカテゴリー。

こちらもお読みください > セバスチャン・ブエミ:「私たちに何かが起こるのではないかと最後まで恐れていた」

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く