ラッセル、オコン、ガスリーがグリッド上でペナルティを受ける

ピットレーンを出る際に速度を落としすぎたとして、ジョージ・ラッセル、エステバン・オコン、ピエール・ガスリーはそれぞれグランプリグリッドでXNUMXペナルティを受けた。

公開 04/11/2023 à 00:14

ジェレミー・サティス

0 コメントを見る)

ラッセル、オコン、ガスリーがグリッド上でペナルティを受ける

今回はレース運営側が動きました! FIAはドライバーに対し、ピットレーンで速度を落とさないよう明確に要請したが、ドライバーの多くは再びピットレーンの端にギャップができることを許し、現象を動かしてしまった。 そのうちのXNUMX名はレース管理者によって取り押さえられ、XNUMXグリッド降格ペナルティを受けた。

昨年の優勝者ジョージ・ラッセルは、減速しすぎたことと、追撃者の追い越しを防ぐためにピットレーン出口の左側に十分に移動しなかったとしてペナルティを科された。 8人のフランス人パイロットも同じ理由だ。 その結果、日曜(午後6時)のグランプリでは英国人選手は8番手、フランス人コンビは14番手と15番手からスタートすることになる。 今週土曜日はスプリントデーが開催され、午後14時からスプリントシュートアウトが行われ、その後午後15時18分からスプリントレースが行われる。

こちらもお読みください > レッドブル離脱か引退の噂:アロンソが反論し結果を約束

ジェレミー・サティス

優れた F1 レポーターであり、プロモーション手法に情熱を注ぐ

0 コメントを見る)