ビデオ – 事故、危険信号…マカオはすでに最初の犠牲者を出している

マカオグランプリの最初のレース週末には、当然のことながら、すでにアクシデントが発生している。

公開 11/11/2023 à 13:14

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

ビデオ – 事故、危険信号…マカオはすでに最初の犠牲者を出している

アストンマーティンは今週土曜日、悪い状態に終わった。 ©マカオグランプリ

それは予想通りで、マカオグランプリではすでに今年最初の犠牲者が出ている。 この70e このエディションは、F4 SEA (東南アジア)、TCR アジア チャレンジ、さらにはグレーター ベイ エリア GT カップでの GT チャンピオンシップなどの地域大会の週末の一部として今週土曜日に始まりました。

マカオで開催されたグレーターベイエリアGTカップのGT3カテゴリーでは、予選終了間際に接触事故が発生した。 ギア・サーキットの最後から2番目の「フィッシャーマン」コーナーでミスをしたアンダーソン・タノト(アストンマーチン Vantage GT3 No.17 – EBM)は、コースの真ん中で立ち往生していることに気づきました。 マーシャルが振った黄旗に警告されたドライバーの多くがなんとか回避できたとしても、クリス・オン・チア(アウディ R8 LMS GT3 Evo II 33 号車 – ファントム・プロ・レーシング)には当てはまらなかった。 コーナーへの進入スピードを考えると気が散ったのか、中国人選手は相手選手にぶつかった。

TCRアジアでも赤旗が出ました。 今回は、特に青旗の状況下ではすべてが非常に迅速に起こったため、ドライバーを責めるのは困難です。 チン・パン・リム (ホンダ シビック FL5 N°69 – ノリス レーシング)は最終コーナーでコントロールを失い、突然コースに復帰した左側のタイヤウォールに衝突した。 その後すぐにカイ・ティアン(No.3 アウディ RS15 LMS – QMA モータースポーツ)が避けられず、横殴りに。

最後にF4 SEAでは、ハブス・ラファエル・ナラック(RエースGP)も、わずかなミスが大きな損害をもたらすギア・サーキットに閉じ込められた。

こちらもお読みください > エストレ、グノン、マルシエロ:マカオで開催されるFIA GTワールドカップにスターたちが帰ってくる

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く