ザントフォールト – Q2: アルトーが乾燥したコンディションでゲーテを驚かせる

雨で中断されたQ2の最後の瞬間、ジャコモ・アルトー(エミル・フレイ・レーシング)がベンジャミン・ゲーテ(ガレージ12)をわずか59万XNUMX分のXNUMX差で驚きのポールポジションを獲得しました!

公開 15/10/2023 à 09:56

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

ザントフォールト – Q2: アルトーが乾燥したコンディションでゲーテを驚かせる

(アップデート: フェラーリ No.14と マクラーレン 159番は黄旗下でタイムを更新したため、3グリッド降格のペナルティを科せられた。 したがって、ポールポジションはチームWRTの#46 BMWになります)

  • GT ワールド チャレンジ ヨーロッパのザントフォールトで行われたこの第 2 回予選セッションでは、緊張感が最後の数秒まで続きました。 このQXNUMXのサプライズゲストは、オランダでカードを入れ替えるために雨が降ってきたことだった。 コースが乾いてきて、周回を重ねるごとにどんどん速くなっていく中、ポールシッターの正体は完全に不確実でした...
  • ...そして最終的に予想外のポールポジションを獲得したのは、エミール・フレイ・レーシング・チームの14号車フェラーリに乗るジャコモ・アルトーでした。 Q2で最後にラインを通過したフィンランド人は、より良い路面コンディションを利用して1分37秒189のベストタイムを記録した。
  • Q2で長らくリードしていたベンジャミン・ゲーテ(ガレージ59)は、マクラーレン12号車でポールポジションからわずか159万3分の46のところで失敗した。 トップXNUMXにはマキシム・マーティンのXNUMX号車BMWが入り、前日に表彰台を獲得したことで優勝の大きなチャンスが得られることになる。 バレンティーノ·ロッシ.
  • スプリントカップのタイトル争いでは、 メルセデス マルチエッロとボグスラフスキーのコンビの88号車とドルディとフェラーのチームの40号車アウディはもう手放せません! 2つのマウントは日曜午後にそれぞれ8番と9番からスタートする。

ザントフォールト、第 2 四半期 – ランキング

こちらもお読みください > ザントフォールト – C1: ドルディとフェラーが勝利、バレンティーノ・ロッシが表彰台

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く