アブダビ – フリー走行: マーティンズがベストタイムで週末をスタート

ビクター・マーティンスは、アブダビでのF2フリー走行で最速の男として浮上した。 テオ・プルシェーレはタイトルライバルのフレデリック・ヴェスティを抑えてフィニッシュした。

公開 24/11/2023 à 09:02

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

アブダビ – フリー走行: マーティンズがベストタイムで週末をスタート

ビクター・マーティンズはヤス・マリーナでのテストを圧倒した。 © シャビ・ボニーラ / DPPI

  • シーズン最終戦が争われるアブダビ近郊のトリコロール大会は良いスタートを切った。 F2。 45分間の走行を終えた時点でタイムシートを独占したのはビクター・マルティンス(ARTグランプリ)だった。 14周を完了した時点で、イル・ド・フランス出身の彼は1分37秒389の自己ベストタイムを記録し、ゼーン・マロニー(カー​​リン)を0秒208差で圧倒した。
  • タイトルに近いのですが、 ThéoPourchaire (ARTグランプリ)は一時セッションのリーダーだったが、最後の瞬間の改善により順位を後退させられた。 グラソワはそれでもマークを伸ばし、ビクター・マルティンスからわずかコンマ3秒差で9位を獲得した。 タイトルを争う主なライバル、フレデリック・ヴェスティ(プレマ)はXNUMX回目とやや控えめだった。
  • 初心者チームではフランコ・コラピント(MPモータースポーツ)とポール・アーロン(トライデント)が沈黙していた。 このアルゼンチン人選手は、結果に影響することなく素晴らしい滑り出しで頭角を現し、ベストラップ19分1秒39で044位でフィニッシュした。 エストニアのビクター・マーティンズ選手が20”1で8位。
  • 明らかに技術的な問題の犠牲者であるアルトゥール・ルクレール(DAMS)のコース上停止により赤旗が発生した数分後にセッションが中断されたことに注意してください。

こちらもお読みください > テオ・プルシェーレはアブダビ決勝にどう臨むか

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)