F3ワールドカップ – ハジャル、ティクトゥム、マロニーがマカオでヘッドラインを飾る

F3ワールドカップの再開に向けて、フランス人のアイザック・ハジャールを含む27人のドライバーがマカオのサーキット(16月19~XNUMX日)に参加する。

公開 25/10/2023 à 11:12

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

F3ワールドカップ – ハジャル、ティクトゥム、マロニーがマカオでヘッドラインを飾る

© クレメント・マリン / DPPI

XNUMX年ぶりのワールドカップ 3式 は、2023 年の第 16 回アジア イベントであるマカオ グランプリ (19 月 70 ~ 27 日) で復活します。 今週水曜日、FIAはこの都市国家で開催される有名なレースのエントリーリストを発表した。 合計2019チームとXNUMX人のドライバーがマカオのスタートに参加し、全員がXNUMX年の前回大会の勝者リチャード・ヴェルショールの後継者を目指している。オランダ人選手はトライデントとともにタイトルを守るために参加する。

最初のバージョンでは合計 20 の国籍が表現されています。エントリーリスト、まだ2017人の名前が伝えられていないため、これはまだ最終的なものではありません。 リチャード・ヴァーショールの他に、もう一人の勝者がカーリンとともにスタートします。それは、2018年とXNUMX年にマカオで優勝したダン・ティクトゥムです。また、マカオの居住者もXNUMX名います。 F2 : ゼイン・マロニーとカーリン、そしてハイテック GP でライドするフランス人のアイザック・ハジャール。

明らかに、このフィールドは主にFIAフォーミュラ3チャンピオンシップに参加したドライバーで構成されており、その中には2018年にマカオで印象的な事故を起こしたソフィア・フロシュがVARとともに参加しているだけでなく、プレマのディノ・ベガノビッチとガブリエレ・ミニも含まれているMPモータースポーツのフランコ・コラピントさえも。

象徴的な6,120kmのギア・サーキットで行われるこのイベントでは、10回のフリー走行セッション、15回の予選セッション、3周の予選レース、そしてFIAフォーミュラXNUMXの栄誉あるタイトルを授与するXNUMX周の決勝レースが行われる。ワールドカップ。

参加者の完全なリストはここでご覧いただけます。

こちらもお読みください > F3がマカオGPに戻ってくる

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く