F3でマリ・ボーヤのディレクション・カンポス・レーシング

3年のユーロカップ-2023の副チャンピオンであるスペイン人のマリ・ボーヤは、カンポス・レーシング・チーム内でF3での冒険を続けることになる。

公開 12/12/2023 à 10:27

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

F3でマリ・ボーヤのディレクション・カンポス・レーシング

© シャビ・ボニーラ / DPPI

スペインチームのスペイン人:マリ・ボーヤが2024年シーズンのカンポス・レーシングの正式選手に就任 3式。 19年エステバン・マッソンに次ぐユーロカップ3副チャンピオンである2023歳の若きドライバーは、MPモータースポーツで過ごした3年目に続き、FXNUMXでXNUMX度目のシーズンを経験することになる。

マリ・ボーヤは数週間前にカンポスとともにシーズン後のF3テストを完了していたため、この発表は驚くべきものではなかった。 このスペイン人ドライバーは、MPモータースポーツでF17に参戦した最初のシーズンを3位で終え、モンツァのスプリントレースでは表彰台を獲得した。

マリ・ボーヤはカンポスでドイツ系デンマーク人のオリバー・ゲーテと合流。 レッドブルのジュニアドライバーは先週決定した。 「F3のXNUMXシーズン目にカンポス・レーシングに参加できることをとてもうれしく思っています」とスペイン人は打ち明けた。 新しいチームでトラック上での初めての経験となったポストシーズンテストは非常に前向きで、モチベーションと自信を感じています。 新しい時代が始まったばかりで、新しいシーズンをスタートして一緒に成功を収めるのが待ちきれません。 »

こちらもお読みください > 赤旗レギュレーションが2年にF3とF2024に変更

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く