中央ヨーロッパ – SS1: タナク初代リーダー、ラッピにペナルティ

ヴェルカ・チュッフルの短いスペシャルで、オット・タナクがこの史上初の中央ヨーロッパラリーで最初のスクラッチを記録した。

公開 26/10/2023 à 14:50

Gonzalo Forbes

0 コメントを見る)

中央ヨーロッパ – SS1: タナク初代リーダー、ラッピにペナルティ

オット・タナクは中央ヨーロッパラリーで理想的なスタートを切った。 ©ニコス・カティキス/DPPI

  • ソフトタイヤのみを使用するという選択が功を奏した オィット・タナック。 まあ、純粋でハードなスペシャルというよりは、競馬場を舞台にしたスーパースペシャルだが、エストニア人選手が週末最初のベストタイムを記録した
  • ライバルの多くがウェットタイヤを選択する中、オット・タナクが1分1秒51のタイムでこのSS2を「制覇」した。 降格するには十分だ セバスチャン・オジェ、チリをスキップして戻ってきて、コンマ7秒差。 ティエリーヌーヴィル XNUMX番目の山のXNUMX番目の位置を指しました。
  • このSS1ではベンチマークから6インチ遅れてゴールライン1位となったエサペッカ・ラッピは悪いスタートを切った ラリー 中央ヨーロッパ出身。実はパイロットは、 ヒュンダイ 早期スタートにより10秒のペナルティを受けた。わずか2,55キロのスペシャルではスマートではない。ここで彼はラリー10の1位で最後で、わずか11回通過しただけですでにオット・タナクから6インチ後ろにいます。週末の始まりにはあまり理想的ではありません。
  • 新しいコ・ドライバーのバンジャマン・ヴェイラとの初走行となったピエール・ルイ・ルベは、4秒遅いタイムながら順調にスタートを切った。

ES1分類

SS1以降の一般分類

アクションは午後18時05分のSS2から再開される。

こちらもお読みください > ロバンペラに30ポイント以上の差をつけられて降格したエヴァンスは、まだ偉業を信じたいと考えている

Gonzalo Forbes

昇格式(F2、F3、フレカ、F4…)を担当。 フランコ・コラピントの恩恵を受けています。

0 コメントを見る)

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く