中央ヨーロッパ – SS3: ロバンペラが試合中、オジエがパンク!

雨の中、カッレ・ロバンペラはスタートポジションを活かしてSS3のベストタイムを記録した。 セバスチャン・オジエはすでにパンクにより大幅なタイムロスを喫している…。

公開 27/10/2023 à 10:29

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

中央ヨーロッパ – SS3: ロバンペラが試合中、オジエがパンク!

©RedBullコンテンツプール

  • 今週の金曜日は、この件に関して素晴らしいスタートを切りました ラリー 中央ヨーロッパから! 気まぐれな天候の中、好成績を収めたのはカッレ・ロバンペラで、最初に走行したフィンランド人はSS3でエサペッカ・ラッピとエルフィン・エヴァンスを抑えて最速タイムを記録した。
  • 通過するにつれて道は汚れてきて、タイムはどんどん遅くなっていきました。 ティエリーヌーヴィルは、カッレ・ロバンペラに3インチ4で負けましたが、現在は中央ヨーロッパラリーの先頭で1インチ4の差しかありません。
  • 以下のために セバスチャン・オジェ、すでに勝利は危ういようです!このフランス人選手は、開始早々に右フロントタイヤのパンクに見舞われた。 SS3 のフィニッシュで、40 度の世界​​チャンピオンはスクラッチの作者に XNUMX 秒以上遅れをとりました。飛行士 トヨタ 躊躇せずにピレリを調べてみました。 「すごい、信じられない。 なんて言うか ? ミシュランが戻ってくるのが待ちきれません…」
  • SS3 はもう一人のハブにとって致命的でした。スタート時に WRC2 リーダーだったヨハン・ロッセルがコースアウトし、シトロエンから降りなければなりませんでした。 カーブの外側の濡れた草に閉じ込められたフランス人選手は、C3 をアスファルトに戻すことができず、木に激突しました。 乗組員は車から降りたが、フランス人二人にとってはもう終わりのようだ…。
  • エイドリアン・フォーモー もパンクに見舞われ、WRC2の新リーダー、アンドレアス・ミケルセンにXNUMX分近くロスした。

中央ヨーロッパ – SS3

SS3以降の一般分類

こちらもお読みください > 2023年中央ヨーロッパラリーのプログラム

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く