中央ヨーロッパ – SS4: ロバンペラは競争に嫌悪感を抱く

雨の中でも印象深いカッレ・ロヴァンペラはSS4を上回り、中央ヨーロッパラリーを主導しました。 背後には、フィンランド人の優位性に対抗できる人は誰もいないようです...

公開 27/10/2023 à 11:26

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

中央ヨーロッパ – SS4: ロバンペラは競争に嫌悪感を抱く

©ニコス・カティキス/DPPI

  • カッレ・ロヴァンペラにとってはなんと特別なことでしょう! フィンランド人はSS4でのスクラッチで他のドライバーを大きく引き離し、競争を粉砕しました。 ベストタイムを記録したことで、チャンピオンシップリーダーは新たなリーダーにもなりました。 ラリー 中央ヨーロッパから!
  • 現チャンピオンに「近い」唯一のドライバー、エサペッカ・ラッピ。フィンランド人はこの10kmのロングスペシャルで依然として1インチ23,8を失ったが、SS2で4度目のタイムをマークした。チェコ共和国では絶好調のパイロット ヒュンダイ チームメイトに次ぐ総合3位に浮上 ティエリーヌーヴィル.
  • 以下のために セバスチャン・オジェ、試練は続く。 フランス人選手はこの41回目のスペシャルで4秒を失った。 SS3でパンクした後、ガパンセ選手はスペアホイールを持っていなかったため、サービスに到着するまで歩くようなペースで運転することを余儀なくされた。 「モチベーションが上がらない」 彼は到着時にXNUMX回の世界チャンピオンを宣言しました…
  • WRC2の新たなドラマ:SS4スタートでカテゴリーリーダーのアンドレアス・ミケルセンがコースアウト! 曲がり角に早く到着しすぎたノルウェー人選手は、真っすぐに植生の中に突っ込んでしまいました。 観客のおかげで彼は出発することができましたが、サスペンションが壊れて損傷したシュコダを抱え、XNUMX分以上遅れました…
  • WRC2では、サミ・パジャリがカテゴリー首位に返り咲いた。 エイドリアン・フォーモー SS3でパンクしながらも復帰した選手!

中央ヨーロッパ – SS4

SS4以降の一般分類

こちらもお読みください > 2023年中央ヨーロッパラリーのプログラム

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く