2年のRally2024におけるトヨタプログラムの若い芽

トヨタの若手ラリードライバープログラムの2人の成果である小暮ひかると山本裕貴が、来年RallyXNUMXのマイルストーンを迎えることになる。

公開 31/10/2023 à 10:25

ドリアン・グランジェ

0 コメントを見る)

2年のRally2024におけるトヨタプログラムの若い芽

©トヨタガズーレーシング

彼が帰国して以来、 WRC、2017では、 トヨタ は、将来に向けて有望な日本の若者を探し、育成し続けます。 TGR WRC チャレンジ プログラムの目的は、未来のスーパースターを発掘することです。 ラリー 日本的であり、グローバルである。 現在日本の会社からラリー1に参戦している勝田貴元選手が参加しており、現在トヨタは彼に匹敵する選手を探している。

2022年初めにフィンランドでトレーニングを開始するために、4人の若い日本人ドライバーが選ばれており、これらの若いドライバーはトレーニングと並行して、過去XNUMXシーズンにわたってXNUMX人乗りのRallyXNUMXでヨーロッパ各地の国内および国際ラリーに参加した。

プログラムの次の段階では、2人のドライバーが2輪駆動のRally2024車にアップグレードする機会を得る。 トヨタから選ばれたドライバーは小暮光と山本裕貴で、来年は一部のWRCイベントを含むヨーロッパのラリーに参戦する予定だ。 二人の日本人は、XNUMX年に参戦予定の新型ヤリス・ラリーXNUMXに乗ることになると予想されている。大竹直選手も、トヨタのサポートを受けて、来年の全日本ラリー選手権で開発を続けるチャンスも得られるだろう。

日本の富士スピードウェイで行われた最近の予選に続き、TGR WRC チャレンジプログラムに新しいクラスの若手ドライバーを採用するプロセスも進行中である。 最終選考はXNUMX月にフィンランドで行われる。

こちらもお読みください > ロヴァンペラ – ハルトゥネン、二重スパイ

ドリアン・グランジェ

往年のモータースポーツを懐かしむ若いジャーナリスト。セバスチャン・ローブとフェルナンド・アロンソの功績をもとに育った。

0 コメントを見る)

次のトピックを読み続けてください。

こちらもお読みください

注釈

※ログインユーザー専用のスペースです。 お願いします Vous Connector 返信したりコメントを投稿したりできるようになります。

0 コメント

レビューを書く